石川昂弥(東邦)の球速と高校通算本塁打数は?出身中学と成績やドラフト評価もチェック!

プロ野球のキャンプもはじまり、いよいよ野球のシーズンが幕を開けました。
3月下旬に開幕するものと言えば、プロ野球だけではありません。
高校野球における2大大会のひとつ『選抜高等学校野球大会』も行われます。

今年は“平成最後のセンバツ”と早くも注目度が高まっている一方で、
昨年春・夏と連続して全国制覇を成し遂げた大阪桐蔭高がまさかの予選敗退。
まさに本命不在の大会と言えるでしょう。

その中で今回は、“平成最後のセンバツ”で注目すべき選手をピックアップ。
今回は投打両面での活躍が期待される“二刀流”・石川昂弥選手を紹介します。

Sponsored Links

石川昂弥選手のプロフィール

石川昂弥(いしかわ・たかや)
出身:愛知
所属:東邦(愛知)
ポジション:投手・三塁手
学年:2年(2001年度生まれ)
投打:右投右打

▼ メモ
愛知の名門・東邦で1年春からベンチ入りを果たした怪物。

投げては140キロを超える速球、打っては高校通算39発という投打ともに高校生離れした実力を持っており、この世代の目玉の一人に数えられています。



Sponsored Links

石川昂弥選手の出身中学と成績

亀崎中時代は愛知知多ボーイズで正遊撃手として活躍を見せ、中学3年の夏にはNOMOジャパンの一員としてアメリカ遠征にも参加しています。

中学時代にはすでに球速が130キロを超えていたという話もあり、あの大阪桐蔭からも声がかかったとのことですが、かつて父が通っていた東邦に進むことを決めました。

なお、中学に上がる前、有脇小6年時には中日ドラゴンズのジュニアチームの一員だったそうです。

Sponsored Links

石川昂弥選手の球速と高校通算本塁打数

高校でも投打で変わらぬ存在感を発揮してきた石川選手。
現時点での最高球速は144キロ。中学時代から130キロを超える速球の持ち主ということは上でも触れていますが、実は本職は投手ではありませんでした。

高校2年からチーム事情もあって本格的に投手の練習を行うようになると、成長にあわせて球速も140キロを突破

経験が浅いだけにのびしろは十分で、ひと冬越して迎える春のセンバツでマウンドに登ることがあれば、最速の更新にも大きな期待ができるでしょう。

そして、打っては高校通算38本塁打を記録。飛ばす能力がありながらも穴が少ないというのが評価の高いポイントで、高校生活ラストイヤーでどこまでその数を伸ばすことができるかにも注目が集まります。

昨年秋の明治神宮大会・初戦で八戸学院光星(青森)と対戦した際にも、石川選手は「3番・投手」として出場しましたが、立ち上がりに5点を失うなど苦しい投球でチームも敗退。

悔しい想いを味わいましたが、その中で右中間突破の二塁打を放つなど2安打をマーク。逆方向にも強い打球が打てるという真骨頂を見せつけ、スカウト陣を唸らせました。



Sponsored Links

スカウトの評価は?

気になるプロの評価ですが、打者としての魅力を感じているチームが多いようです。

スケールの大きさだけでなく欠点の少ない打撃、さらには強肩で足も速いとあって坂本勇人(巨人)や松井稼頭央(元西武ほか)のような名選手になれる逸材として期待がかかっています。

やはり東邦高ということもあって、地元・愛知に拠点を置く中日の動きには注目です。
中日といえば、昨年のドラフトでも高校生の目玉・根尾昂選手(大阪桐蔭)の獲得に成功していますし、2年続けで東海圏の高卒スターを獲得することができれば大いに盛り上がることでしょう。



Sponsored Links

まとめ

今年は3月23日(土)に開幕する『第91回選抜高校野球大会』。
昨夏は大阪桐蔭の根尾昂選手が投打にスケールの大きさを見せつけましたが、この石川選手も引けを取らない逸材です。
ピッチャーとしてもバッターとしても甲子園を沸かせる実力を持っているだけに、聖地でどんなプレーを見せてくれるのか今から楽しみです。

ちなみに、今年は“平成最後のセンバツ”ということで注目が集まっていますが、
実は“平成最初のセンバツ”で優勝したのが愛知・東邦高でした。
平成最初と最後のセンバツを制覇したうえで、そしてその中心に“二刀流”の存在あり――。なんてことになれば、一躍ドラフトの目玉候補に躍り出ることでしょう。

そんな意味でも、東邦高を引っ張る石川昂弥選手から目が離せません。

★ポチっとしてくれたらウレシイです★
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク