大野智が2006年に嵐脱退を考えた本当の理由が衝撃!自由になりたいの意味とは?

嵐が2020年を最後に活動休止を発表しました!SMAPに続きまたもジャニーズの大物グループの突然の活動休止。リーダーの大野智さんは2006年くらいに嵐脱退を考えていたそうです。その本当の理由や自由になりたいの意味もまとめました!

Sponsored Links

嵐が活動休止を発表!

突然のニュースに、あぜんとしたファンや世間の人たち。
もう本当にびっくりです。

大野智が2006年に脱退を考えた理由

15周年のハワイライブにNHKが密着し、その時に嵐の5人だけでトークが行われました。
それぞれが今までメンバーに言わなかった、言えなかったことまで出てきた中で、リーダーの大野智さんが衝撃の告白をしました。

2006年くらいから、正直(嵐を)辞めようと思ってた。

この告白に、他のメンバーは絶句。

大野智さんは、辞めようと思った内容を話します。


・長い休みをとって海外を放浪したくなった
・インド行きたい
・単純に自由になりたい

この気持ちのまま一緒にいられない、申し訳なくてすっごい葛藤していた、ずっと。

とずっと嵐での活動に対して葛藤する気持ちを抱えていました。

その気持ちが落ち着いたのは10周年の時でした。

2006年から2009年の3年もの間、葛藤が続いていた大野智さん。

10周年を盛大に祝ってもらって我に返った感じ
あのまま走っていたら、今ごろ沈んでたろなって思う

嵐を辞めたい、自由になりたいという気持ちが収まった理由は、責任と周囲への感謝でした。

衝撃の告白をした大野智さんに一番反応したのは相場くんでした。

・一人でも欠けたら嵐じゃない
・よかった辞めないで、いてくれて
・今だから言えると思う、もうそういう気がないからね
・ゆっくりでも遠回りしても止まらないようにも5人で歩いて行けたらうれしい

相場くん自身も肺の気胸という病気にかかった時は、歌も踊りもできない状態で再発しやすいと理由から、嵐に復帰できないんじゃないかと思ったんだそうです。

活動休止の記者会見も、相場くんのコメントは嵐への愛にあふれていました。

自由になりたいの意味と理由は?

大野智さんは2021年以降や芸能活動を休止すると発表しました。
事務所には所属したままなので、芸能界を引退ということはないようです。
ただ、復帰は未定です。

活動休止の会見の中で大野智さんは

・普通の生活をしたい
・今まで見たことのない景色を見てみたい

そう話しました。

15周年のハワイライブの時にメンバーに話したことと変わっていません。
あの時、

今はそんなもやもやや葛藤はありません

とはっきり言ったのですが、やはり心の奥底には自由になりたいという思いはくすぶり続けていたんでしょうね。

大野智さんは、嵐の活動休止後は芸能活動も休止するということで、ファンの間では海外でアーティストとして活動するのではないか、と噂されています。

アーティストとしても高い評価を得ている大野智さん。
アーティスト大野智として個展も開きました。

写真集はアマゾンランキング上位につけるなど、アートん分野でも十分活躍できる才能の持ち主です。

FREESTYLE(2) 大野智作品集【大野智】

嵐の活動とアーティストの活動を両立するのは大変なので、2021年以降は創作活動を中心にしながら、行ってみたいと思っていたインドなどの海外へ行って、芸術家としての感性を磨きに行くんじゃんかないかな、って思います。

アーティストしての活動も、普通に生活できるよう海外を拠点にするのではないでしょうか。



[

Sponsored Links
]

まとめ

大野智さんは2006年から3年間、嵐を辞めたいと思っていました。
一度は収まったその気持ちは収まりきれなかった。

活動休止の理由は

・自由になりたい
・普通の生活をしたい
・長い休みをとって海外に行きたい

ということでした。

「普通の女の子にもどりたい」といった昭和のアイドルグループと同じ理由だな、って思いました。
今も昔も人気芸能人は自由がないのは変わらないってことですね。

それにしても、嵐の活動休止の記者会見は笑顔、笑顔で見ていて和みました。
活動休止はさみしいですけど、メンバーも吹っ切って前を向いている感じですね。

これからの5人を見守っていきたいと思います。
今日も最後まで読んでいただきありがとうございました☆

Sponsored Links