東京オリンピックが延期になると開催はいつ?過去に延期した大会があるかチェック!

Sponsored Links

世界的なパンデミックとなった新型コロナウィルスの影響で、ついにIOCが東京オリンピックの延期について検討を開始したというニュースが流れました。

IOCによると、4週間後までに東京オリンピックの開催を延期するかどうかについて決定するとのことです。

この記事では、東京オリンピックが延期となったら開催はいつになるのか?にくわえ、過去にオリンピックを延期した大会はあったのかもまとめました。

Sponsored Links

IOCがついに東京オリンピック延期の検討を開始

2020年3月23日、ついにIOC(国際オリンピック委員会)が、東京オリンピックの延期について検討を始めました。

新型コロナウイルスの感染拡大が世界的に深刻化している状況を受け、国際オリンピック委員会(IOC)は22日、臨時理事会を開き、今夏の開催が懸念されている東京オリンピックの延期を含めて検討すると発表した。今後は大会組織委員会や日本政府、東京都と協議し、4週間以内に結論を出す方針。中止の可能性に関しては「何の解決にも誰の助けにもならず、議題としていない」と否定した。
引用元:毎日新聞

これを受けて、それまでは予定通り開催すると話していた安倍総理、小池都知事も延期を口にし始めましたね。

もう延期を前提とした状態となった東京オリンピック。

7月末に向けて着々と準備は進んでおり、聖火も日本に到着し。

TVでは毎日のように東京オリンピックのチケットプレゼントなどのCMが流れオリンピックムードになっていますが、「夏のオリンピックは無理でしょ」と思うお茶の間との間に温度差がありますよね。

東京オリンピックの開催についての議論は4週間もの時間が必要とのことで、4月20日頃にはIOCから東京オリンピックについて決定した事柄が発表されると見られています。

このIOCが東京オリンピックの延期を検討するというニュースの前に、ドイツの選手やカナダ選手団は予定通り東京オリンピックが開催するなら出場を辞退すると、といった発表もありました。

フェンシング男子でドイツ代表入りを決めているマックス・ハルトゥング(30)が、予定通り7月24日に開幕する場合は出場を辞退すると明らかにした。22日に放送されたドイツのテレビ番組で「練習ができず(五輪に)照準を合わせることができない」と悩みを打ち明け、辞退を決めたことには「胸が張り裂けそうな思い」と語った。
引用元:時事通信社

カナダ・オリンピック委員会とパラリンピック委員会は22日夜、「苦渋の決断だが、コロナウイルスのリスクを考えて、2020年夏の大会には選手団を派遣しない」とする声明を発表した。
引用元:朝日新聞

このことは氷山の一角であり、IOCが東京オリンピック延期の検討をはじめなければ同じように各国の選手もしくは選手団が次々に東京オリンピックを辞退すると発表したことでしょう。

IOCが「東京オリンピックは予定通り開催」とした姿勢を変えたのは次の理由がありました。

17日に臨時理事会や国際競技団体(IF)との合同会議で予定通りの開催方針を再確認したが、五輪予選の中止や練習環境の悪化などに対して各国・地域の国内オリンピック委員会(NOC)や競技団体、選手から延期を求める声が高まり、わずか5日で再検討を迫られた形になった。延期を含めて検討する理由について、IOCは「感染者が劇的に急増し、さまざまな国で新たな発症が起きている」と説明した。
引用元:毎日新聞

IOCが延期を検討すると発表した理由には

①代表選手の選考会中止→代表が決まらない
②練習ができないなどで、五輪までにコンディションが調整できない
③世界各国の五輪員会や競技団体から、延期を求める声が増えた

ということがあったようです。

確かに世界的なパンデミックということと、特効薬やワクチンがないことで新型コロナウィルスが夏までに収束するとは考えられないですよね。

そうはいっても日本にとって東京オリンピックの延期は経済的に大打撃を受けるのは、火を見るより明らか。

幸いにもIOCは「東京オリンピックの中止」については検討しないとのこと。

では、東京オリンピックの延期になると開催時期はいつになるのでしょうか?

Sponsored Links

東京オリンピックが延期になると開催はいつ?

東京オリンピックの延期が決定となったら、いつ開催されるのか?

ここが一番気になるところです。

報道ステーションでは東京オリンピックの招致を担当した国士舘大学の客員教授の鈴木知幸氏をゲストに迎え、東京オリンピックが延期になったらいつ開催か?について鈴木教授の見解を聞いていました。

東京オリンピックが延期になったらいつ開催されるかについて、鈴木教授の見解は

1年後の2021年の夏がベター

とのことでした。

ベストではなく、比較的良いのでは?という意味のベターという表現を使っていましたね。

1年後2021年に延期が良いと話した根拠は次の通りです。

鈴木教授の見解
①2年後に延期となると、代表選手を白紙にもどさないとならない
→オリンピックは年齢制限がある種目もあるので、それに引っかかる選手が出てくる
→カナダの五輪選手委員会は2020年内に東京オリンピックが開催されても、選手を派遣しないと決定している

②2020年の秋に延期となると、各自治体から反発がおこる可能性がある
→世界各国から人々が集まることで、またも感染が拡大する可能性がある

という根拠で、1年後の同じ時期に延期ではないか?と鈴木教授は話していました。

新型コロナウィルスとの戦いは長期化するのではないか、といわれているため、2020年の秋に完全に収束しているとは言い難いですよね。

もしも1年後の2021年に東京オリンピックが延期となった場合、その日程は夏なのでは?
と鈴木教授は話していましたが、スポーツの世界大会は毎月のように行われています。

2021年の夏には、世界陸上と世界水泳の日程が決まっています。

そこに東京オリンピックを持ってこれるのか?

これについて鈴木教授は

世界陸上と世界水泳はIOCの傘下なので、調整がつくのではないか?
とコメントしていました。

また、鈴木教授は6月も東京オリンピックを開催に向いているとも話していました。

6月に行われる大会はゴルフとテニスなので、あまり影響しないとの見解です。

しかし、6月の日本は梅雨ですよね。

それについては、雨が影響する種目は野球くらい、と話していましたが、雨の中でマラソンはキツいんじゃないのかなーって思いましたね。

報道ステーション的には

東京オリンピックは1年後の同じ時期に延期となる

といった見解でした。

もしも、東京オリンピックが1年後に延期となったとしたら、選手はもちろん日本経済にどれくらいの打撃があるのか気になります。

新型コロナウィルスで、すでに世界経済はパニック状態。

一説ではリーマンショック以上の不況になるのではないか、とも言われています。

東京オリンピックが延期となったら、一体経済はどうなっちゃうの!?

と先行きが不安しかない・・・。

ということで、過去に同じようにオリンピックが延期した前例があるのか調べてみました!

Sponsored Links

過去にオリンピックが延期した大会はあるのか

オリンピックの開催が延期した大会があるのか?

前例があるのか気になりますよね!

調べてみると
オリンピックは過去に3回中止となっています。

・1916年 ベルリン大会
・1940年 東京大会
・1944年 ロンドン大会

すべて第2次世界大戦の影響により、オリンピックは中止となりました。

幻の東京オリンピックがあったんですね~。

調べてみたところ、過去のオリンピックで中止はあるものの延期はありませんでした。

となると、2020東京オリンピックの延期が決定した際は前代未聞ということになります。

新型コロナウィルスの影響で、世界中に感染が拡大してしまった今となっては延期は仕方のないことだといえます。

しかし、2020東京オリンピックを最後に引退を考えていた選手や、そこに向けて頑張ってきた選手からすると延期はせつないですね。

東京オリンピックがいつ開催されるかは今はわかりませんが、開催されたならきっと今までの大会とは違った思いが選手にも応援する方にも感じられる特別な大会になると思います。

2020東京オリンピックの招致を担当し、オリンピックやスポーツ政策に詳しい鈴木教授の見解は納得でしたね。

IOCはこれから約1か月にわたって、東京オリンピックの延期について議論をするとのことです。

4月20日頃までに結論が発表されるそうなので、どうなるのか注目していきたいと思います。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました☆

Sponsored Links