ブラタモリの現在のアナウンサーは誰?歴代のアシスタントの一覧とその後をまとめてみた!

タモリさんがブラブラ歩きながら、知られざる街の歴史や人々の暮らしに迫っていく人気番組、「ブラタモリ」。

そんなブラタモリでタモリさんのアシスタントを務めるアナウンサーが2020年この春から交代になりました。

今回は、そんな現在のアナウンサーは誰なのか、また、これまでの歴代アシスタントの一覧とその後についてまとめました。

Sponsored Links

ブラタモリの現在のアナウンサー

 

この投稿をInstagramで見る

 

KAZZ(@kazz8915)がシェアした投稿 – 2020年 2月月13日午後3時48分PST

この春2020年4月より、現在ブラタモリにてタモリさんのアシスタントを務めることになったのは浅野里香アナウンサー。

浅野里香さんは1994年1月7日生まれで東京都出身。
2020年で26歳になります。

聖心女子大学文学部国際交流学科卒業後、2016年にNHKに入局されました。

その後松江放送局、札幌放送局勤務を経て、2020年4月より東京アナウンス室に勤務されています。

入社3年目で東京アナウンス室に異動は早い方なのではないでしょうか?
それゆえ、人気番組の「ブラタモリ」のアシスタントはプレッシャーがあるのかもしれませんね。

ブラタモリのアシスタントに抜擢された際には、これまでの歴代先輩アナウンサー達からいただいた、

「気負わずにタモリさんとの旅を楽しめば大丈夫」

という言葉を大切に取り組んでいきたい、と意気込まれていました。
先輩のアドバイスは心強いですね!

現在、浅野里香さん就任後第1回目の放送を4月11日に終えたばかり。

番組ファンの中からは、「すでにタモリさんとしっくりきている」という感想もあり、番組内での今後の展開が期待できそうですね!

Sponsored Links

ブラタモリ歴代アナウンサー一覧

長寿番組、ブラタモリが放送を開始したのは2008年12月。

今年2020年でなんと13年目となります。

これまで、タモリさんの街歩きのアシスタントを担当してきたアナウンサーは全部で5名。

浅野里香さんが6代目アシスタントとなります。

では、これまでアシスタントを担当されてきた1代目~5代目のアナウンサーの皆さんは誰だったのかみていきましょう!

1代目~6代目までを表にしました。

1代目2008年12月~
2012年4月
久保田佑香
2代目2015年1月6日首藤奈知子
3代目2015年4月~
2016年4月
桑子真帆
4代目2016年4月~
2018年3月
近江理恵
5代目2018年4月~
2020年3月
林田理沙
6代目2020年4月~浅野里香
初代:久保田佑佳アナ
ブラタモリ初代アシスタント久保田佑佳アナウンサーの出演期間は、2008年12月の放送開始時から2012年4月まで。

わからないことがあればその場で質問したり、素のリアクションを大事にするといった、ブラタモリにおけるアシスタントの今後の方針の基礎を築いた人だと言われています。

2代目:首藤奈知子アナ
2代目アシスタントを務めたのは首藤奈知子アナウンサー。

ただ、首藤奈知子さんが担当したのは2015年のお正月スペシャル版のみ
レギュラーアシスタントとして番組を担当することはありませんでした。

3代目:桑子真帆アナ
3代目を務めたのは桑子真帆アナウンサー。

桑子真帆さんは2015年4月から2016年4月までの1年間アシスタントを担当されました。

タモリさんには「お高くとまっていなくていい子」と褒められていたそうですよ。

▶桑子真帆アナのプロフィールはこちら

4代目:近江友里恵アナ
その後4代目を務めたのは近江友里恵アナウンサー。

近江友里恵さんは2016年4月から2018年3月までアシスタントを担当しました。

最終回では涙での卒業を惜しむシーンが番組ファンの間でも話題となりました。

▶近江友里恵アナのプロフィールはこちら

5代目:林田理沙アナ
そして5代目を務めたのは林田理沙アナウンサー。

林田理沙さんは2018年4月から2020年3月まで担当していました。

タモリさんからは名字をそのまま音読みして、”リンダちゃん” の愛称でかわいがられていました。

▶林田理沙アナのプロフィールはこちら

6代目:浅野里香アナ
2020年4月からアシスタントになりました。

初回放送は緊張気味で法隆寺を作った人をすぐに答えられずお茶の間がザワついていました。
前任の林田理沙アナよりは前に出るタイプ。
なおかつ天然キャラかもしれないです。

▶浅野里香アナのプロフィールはこちら

このように、ブラタモリはこれまで歴代アナウンサー達によって長い間支えられてきました。

6代目の浅田里香アナウンサーも、歴史に残るアシスタントの一人として活躍してほしいですね。

Sponsored Links

ブラタモリを担当すると出世するのは本当か?

そんなブラタモリですが、アシスタントを担当すると出世できるという噂があるのはたして本当なのでしょうか?

そこでここでは、これまでの歴代アシスタント達の卒業後について調べてみたいと思います。

初代アシスタントの久保田佑佳アナウンサー

ブラタモリ卒業後は、「おはよう日本」「クローズアップ現代+」、「所さん!大変ですよ!」などなど

と、現在まで様々な番組で活躍されています。

また、3代目の桑子真帆アナウンサーは、ブラタモリ卒業の翌年2017年には第68回NHK紅白歌合戦の総合司会を務めます。
「ニュース9」で夜のニュース番組に出演し、2020年3月末からは、朝のニュース番組「おはよう日本」のキャスターとして活躍されています。

これは誰がみてもわかる躍進ですよね!

そして4代目の近江友里恵アナウンサーは、卒業後に朝の情報番組「あさイチ」のキャスターに抜擢されました。

しかもなんとあの大先輩の有働由美子アナウンサーの後任としてです。

これはものすごいプレッシャーだったでしょうね~

そして5代目の林田理沙アナウンサーは卒業後、首都圏のニュース番組、「首都圏ネットワーク」のキャスターとして活躍されています。

「おはよう日本」の頃よりも出演時間が長いんですよね!

このように、これまでブラタモリのアシスタントを務めた歴代アナウンサー達は確かに皆さん出世されています。

これはただの噂ではなく事実ということですね。

どうやら、アナウンサーであることを忘れさせるほどのタモリさんの指導の元で、皆さんどんどん成長していくんだとか!

6代目の浅野里香アナの初回放送後SNSでは、前任の林田理沙アナよりも元気で前に出るタイプなので、タモリさんとの化学反応が楽しみという声もチラホラ。

ちょっと天然なところがあるようなので、そのあたりもタモリさんが上手に料理してくれることでしょう!

6代目の浅野里香さんの今後が益々楽しみになってきました♪

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました☆

Sponsored Links