犬との避難時に持っていくべき持ち物は?大事なのは普段の対策

2011年東日本大震災につづき、熊本地方を襲った最大震度7の地震。
大きな余震が続くことで家屋にダメージを受け避難所で生活する人々は11万人にものぼりました。(4/17現在)
被害にあわれた方々にお見舞いを申し上げます。

こんなとき、いつも思うのが犬を飼っている家庭はどうしているのだろう?
です。
そこで、避難するときの注意や持ち物などをまとめてみましたので犬を飼っている人は是非参考にしてみてくださいね♪

<スポンサードリンク>



環境省がペットとの同行避難を勧めている理由は

過去の災害時にペットと離れ離れになるケースがたくさんありました。

そのようなペットを保護することは大きな労力を必要とすることや、
環境衛生上の問題、繁殖や人への危害などペットが放浪動物になってしまうと様々な問題がおこりました。

このことから環境省は災害時はペットを連れて同行避難をすることを基本としています。

避難所に連れていくには迷惑がかかるのではないか、という気持ちがあり万が一の時は置いていかねばならないのかと思っていましたが、
国がペットとの同行避難は基本としていることがわかってホッとしました(*´ω`*)

だけど、避難するにあたりどんな事に注意をすべきなのでしょうか?
また持ち物は水やエサ以外にどんなものを持っていくべきなのかがわかりません。

そこで環境省が作った「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」を読んでみました。
これは私たち一般市民もネットで読むことができます。

>>環境省:災害時におけるペットの救護対策ガイドライン

一般飼い主篇は38ページあります。
多少難しい言い回しはありますが読みやすく作られていますね!

東日本大震災での例も書かれておりわかりやすいです

ここから避難時の心得や持ち物などを抜粋します。

<スポンサーリンク>



避難するときに愛犬のために持っていくべきものリスト

一番気になるのは水、エサ以外にどんなものをどれくらい持っていくべきなのかですよね~
ガイドラインでは

【優先順位1】
常備品と飼い主やペットの情報● 療法食、薬 ● フード、水(少なくとも5日分[できれば 7 日分以上が望ましい])
● 予備の首輪、リード(伸びないもの)
● 食器
● ガムテープ(ケージの補修など多用途に使用可能)
● 飼い主の連絡先とペットに関する飼い主以外の緊急連絡先・預かり先などの情報
● ペットの写真(携帯電話に画像を保存することも有効)
● ワクチン接種状況、既往症、健康状態、かかりつけの動物病院など の情報

【優先順位2 】
ペット用品
● ペットシーツ
● 排泄物の処理用具
●トイレ用品(猫の場合は使い慣れたトイレ砂)
● タオル、ブラシ
● おもちゃ
● 洗濯ネット(猫の場合)など

ペットの写真や飼い主の情報などが大事とは意外でした。

自分さえわかっていればいいのではなく、周囲にも誰のペットなのかがわかるようにしなければならないんですね。

また、フードや水が少なくとも5日分なんですね~
中型犬や大型犬は量が多くなるので持ち運ぶ方法も考えるべきですね。

▶ペット用の非常持ち出し袋はこちら

ガイドラインではこんな画像がありました。
犬避難袋

折り畳み式の食器シャンプータオルもありますね

犬避難袋2

犬の個体情報(名前や予防接種など)を避難袋につけています

自治体に登録した時にもらった鑑札を愛犬につけたほうがいいのかもしれません。

このほかに、地震の時はガラスやがれきが散乱することがあるので肉球保護のために犬用の靴を用意したほうがいいという情報もあります。

たしかに、人も室内は靴で歩いた方がいいと言われていますから犬も同じですよね~

犬避難袋3
カッコイイ(*´ω`*)
夏の熱くなったアスファルトにも対応です♪

▶楽天はこちら
▶amazonはこちら

結構持ち物がたくさんありますね~
クレートやゲージもあったほうがいいそうです。

持ち物はこれで大丈夫!これで避難できるぞ~
と思いましたがガイドラインを読むと飼い主には普段から気をつけなければいけないことがあるんですね。

それはいったいどんなことなんでしょうか?

続きはコチラ↓↓↓

             
スポンサードリンク
             
            
2016年4月18日 犬との避難時に持っていくべき持ち物は?大事なのは普段の対策 はコメントを受け付けていません。 コーギー