松島幸太朗(ラグビー)はハーフで父母の出身は?学歴と経歴やプレースタイルも気になる!

ラグビー日本代表選手として活躍している松島幸太朗さん。
スピードがあってパワフルなプレーが大注目されています!

この記事では、松島幸太朗さんの出身学歴経歴、さらにプレースタイルも注目されているそうなので調べてみました。

松島幸太朗のプロフィール


松島幸太朗プロフィール

名前:松島幸太朗(まつしま こうたろう)
生年月日:1993年2月26日(26歳)
出生地:南アフリカ共和国
身長:178cm
血液型:不明
所属:サントリー

・2013年:サントリーサンゴリアスに加入する。
・2014年:日本代表に選ばれる。
・2016年:レベルズに加入する。
・2017年:サンウルブズに加入する。

松島幸太朗さんは南アフリカ共和国の生まれです。

6歳の頃からラグビーを始めて桐蔭学園高校のラグビー部で活躍し、高校卒業後に南アフリカのラグビーチーム・シャークスで活動。

2014年にサントリーサンゴリアスに加入して日本で活動するようになりました。

その後、2015年にスーパーラグビーのワタラーズに加入し、2016年にレベルズ、2017年にサンウルブズに移籍して活躍しています。

また、松島幸太朗さんは2014年にラグビー日本代表に選ばれていて、これまでに33試合も出場しています。

松島幸太朗さんは日本のチームはもちろん、海外でのチームで活躍していた経験もあり、今後のさらなる活躍が期待されています。



Sponsored Links

松島幸太朗はハーフで父母の出身はどこ?


松島幸太朗さんはハーフということが知られています。

立派な体格と闘志あふれるプレーはハーフならでという感じもしますよね。

なので、そんな松島幸太朗さんの両親について注目されているそうです。

松島幸太朗さんの両親についてなのですが、松島幸太朗さんの父親はジンバブエ人で母親は日本人なのだとか。

そして、松島幸太朗さんは南アフリカ共和国のプレトリアの生まれで、父親のロドリックさんは新聞記者をしていたそうです。

松島幸太朗さんの母親は多恵子さんは、南アフリカに旅行に行った時に父親のロドリックさんと出会ったそうです。

父親のロドリックさんはすでに亡くなっていて、心臓の病気だったといわれています。

松島幸太朗さんは中学1年生の頃に南アフリカに帰国しています。
ロドリックさんはその時に亡くなったのかもしれません。

これについてははっきりとはわかっていないのですが、もしかすると父親の体調などのこともあって南アフリカ共和国に留学に行ったのかもしれません。

その後の松島幸太朗さんは日本に帰国し、日本で生活しています。

現在も南アフリカ共和国に帰ることがあるのかはわからないのですが、日本と同じく大切な国なのは間違いなさそうです。


Sponsored Links

松島幸太朗の学歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

makoさん(@makoreeeen)がシェアした投稿 – 2019年 8月月29日午前5時39分PDT

松島幸太朗さんは南アフリカ共和国の生まれで、幼少の頃は南アフリカ共和国で暮らしていたことが知られていますよね。

小学生の頃に日本に移住し、現在はラグビー日本代表として活躍している松島幸太朗さんの学歴はどのようなものなのでしょうか。

まず、松島幸太朗さんは6歳の頃まで南アフリカにいて、それ以降に日本で暮らすようになりました。

なので、生まれは南アフリカ共和国であるものの、日本の学校に通って教育を受けていました。

松島幸太朗さんが通っていた小学校は文京区立千駄木小学校で、中学校は東京都にある文京区立文林中学校なのだそうです。

中学1年生の時には南アフリカのグラハムカレッジに留学するなどしていたこともあります。

そして留学を終えて日本の中学校を卒業した松島幸太朗さんは、高校は桐蔭学園高校に進学しています。

桐蔭学園高校にはラグビー推薦で入学したと言われているのですが、高校入学後もラグビーで活躍し3年連続で花園に出場して高校3年生の時には花園で優勝経験もしています。

当時から松島幸太朗さんはラグビー選手としてそのプレーが大注目されていたのですが、すでに大物の片りんを見せつけていたようですね。

そして、高校を卒業した松島幸太朗さんは大学には進学せずに、そのままラグビー選手としてプロ入りしています。



Sponsored Links

松島幸太朗経歴とプロへの道のり

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takechanさん(@takegram83)がシェアした投稿 – 2019年 8月月29日午後2時01分PDT

松島幸太朗さんは幼少の頃にラグビーを始めたことが知られているのですが、これまでの経歴はどのようなものなのでしょうか。

松島幸太朗さんが一番最初にラグビーを始めたのは6歳の時で、南アフリカでラグビーを始めたのだそうです。

ラグビーを始めた理由はわからないものの、父親の勧めなどもあってラグビーを始めたのかもしれませんね。

さらに、松島幸太朗さんは中学生の時には日本のワセダクラブに加入して活動し、高校は桐蔭学園高校で1年生の頃からチームの主力として大活躍していました。

また、高校卒業後は南アフリカのラグビーチーム・シャークスのシャークスアカデミーに加入して2年ほど活動していました。

そして、2014年に日本に帰国してサントリーサンゴリアスに加入し、同時にラグビー日本代表にも選ばれています。

また、松島幸太朗さんは南アフリカにいた頃には、南アフリカU-20候補に選ばれたこともあったのだとか。

南アフリカでもその才能は高く評価されていた松島幸太朗さんですが、日本代表に入りたかったために南アフリカU-20を辞退したんだそうです。

やはり、6歳の頃から日本で育ったので、日本人としてラグビー日本代表に入りたい思いが強かったようですね。

また、松島幸太朗さんは2015年にスーパーラグビーのワタラーズに加入して活動するようになり、その後は2016年にレベルズ、2017年にサンウルブズで活躍しています。

サンウルブズではこれまでに14試合に出場しているのですが、その経歴を見るとまさにラグビー界のエリートと言えますよね。

今後も松島幸太朗さんはクラブチーム、スーパーラグビー、日本代表で大活躍してくれそうです。



Sponsored Links

松島幸太朗の代表の背番号とプレースタイルは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Junkoさん(@junko_0525)がシェアした投稿 – 2019年 8月月11日午後10時59分PDT

松島幸太朗さんはラグビー日本代表としてこれまでに33試合に出場して80得点を挙げています。

ラグビー日本代表の要と言える選手なのですが、そんな松島幸太朗さんの背番号やプレースタイルとはどのようなものなのでしょうか。

松島幸太朗さんの背番号は15番で、現在はフルバックとして活躍しています。

また、フルバックの他にもウイングやセンターとして活動することがあるのだとか。

なので、複数のポジションをこなすことができるのですが、現在は主にフルバックとして活躍することが多いようです。

ちなみに、フルバックとはチームの最後尾でチームを守るポジションです。

チームの最後尾にいることから最後の砦と言われることもあるのですが、松島幸太朗さんはフルバックとして自分の強みを出していければと語っています。

そして、そんな松島幸太朗さんのプレースタイルは、とにかくスピードがあって、ボールキャリーをしてチームを引っ張っていくスタイルと言われています。

松島幸太朗さん自身もスピードとステップが得意と言っていて、それを活かしたプレースタイルが特徴となっています。

松島幸太朗さんは、フルバックとしてスピードを活かしたプレーはもちろん、ウイングとしてもスピード感あふれるプレーが魅力と言われています。

それは得意のスピードに加えて、より軽快なステップワークを持っているためなのだとか。

このスピードとステップを活かしたプレーが松島幸太朗さんの強みと言えそうなのですが、海外選手にもひけをとらないスピードとステップはまさに世界レベルと言えそうです。

今後も松島幸太朗さんがラグビー日本代表で活動する時には海外勢に負けないスピード感あふれるプレーに注目したいですね。



Sponsored Links

まとめ

父親がジンバブエ人で南アフリカ共和国で生まれた松島幸太朗さん。

日本人の母親の間に生まれたハーフのラグビー選手として大活躍しています。

南アフリカ共和国で生まれて6歳の時に日本に来日し、文京区立文林中学校から桐蔭高校男子部に入学し、高校時代には花園でも優勝した経歴を持ち合わせています。

高校卒業後は南アフリカのラグビーチームで活躍し、2014年からサントリーサンゴリアズに加入して日本で活躍しています。

松島幸太朗さんの持ち味は、スピード感あふれるプレーと華麗なステップワークです。
現在はラグビー日本代表の背番号15番でフルバックとして活動しています。

今後もどんなプレイを見せてくれるのか、松島幸太朗さんの活躍に期待です!

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました☆


スポンサーリンク





スポンサーリンク