堀江翔太(ラグビー)が入浴剤で使う金額がスゴクて家計がヤバイ!髪型と嫁の関係は?

堀江翔太さんはラグビー2019年に日本で行われるワールドカップでの活躍が期待されていますよね。日本のリーグでも大活躍していて、派手な髪形なども含めた私生活も大注目されています。

そんな堀江翔太さんが入浴剤で使う金額が凄いと注目され、さらに髪形とお嫁さんとの関係も注目されているそうなので調べてみました。

堀江翔太のプロフィール


堀江 翔太プロフィール
名前:堀江 翔太(ほりえ しょうた)
生年月日:1986年1月21日(33歳)
出生地:大阪府
身長:181cm
血液型:A型
所属:パナソニック

・2008年:三洋電機ワイルドナイツに加入する。
・2010年:トップリーグMVPに選ばれる。
・2013年:レベルズに加入する。
・2016年:サンウルブズに加入する。

堀江翔太さんは大阪府の出身で、島本高校から帝京大学に進学し、大学4年生の時には主将を務めてチームを引っ張っていました。

そして、大学卒業後にニュージーランドのカンタベリーアカデミーに留学し、2008年に三洋電機ワイルドナイツに加入しています。

また、2009年からラグビー日本代表に選ばれていて、世界各国のチームとも激しい戦いを見せています。

そんな堀江翔太さんの日本代表のキャップは61で、ポジションはフッカーです。

さらに、ラグビー日本代表として活躍していた堀江翔太さんは、国内のトップリーグでも活躍していて、2010年にはトップリーグMVPに選ばれるなどしています。

2013年にはスーパーラグビーのラベルズに加入し、2014年にはパナソニックワイルドナイツの主将を務めています。

さらに、2014年にはジャパンラグビートップリーグと日本選手権で優勝をし、2009年から2018年までトップリーグベスト15に選ばれるなど日本のトップラグビー選手として現在も第一線で活躍しています。



Sponsored Links

堀江翔太が入浴剤で使う金額がヤバイ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

よた🇯🇵yota🇬🇧요타🇰🇷さん(@yota.619)がシェアした投稿 – 2019年 8月月5日午前4時00分PDT

堀江翔太さんは2019年にラグビーワールドカップが日本で開催されることもあってメディアからも大注目されていますよね。

その注目度の高さからバラエティー番組に出演することもあるのですが、そんな堀江翔太さんが入浴剤に使う金額と家計との関係が話題になっているそうです。

堀江翔太さんが使う入浴剤の金額と家計の関係とはどのようなものなのでしょうか。

堀江翔太さんは普段からよく入浴剤を使用していて、その金額は数十万円にもなるのだそうです。

なので、それが家計にもかなり響いているとも言われているのだとか。

確かに、入浴剤だけで年間数十万円もかかるというのはかなり凄いですよね。

一般家庭なら家計は大変なことになってしまいます。

このように入浴剤にこだわりがあるというのは、堀江翔太さんはラグビー選手なので毎日の練習や試合後にはしっかりと疲れを取るようにしているためなのだとか。

なので、試合後や練習後にはしっかりとお風呂に入って疲れを取るようにしているそうです。

これは他のスポーツ選手と変わりがないのですが、実は堀江翔太さんは毎回お風呂に入る時には入浴剤を入れていることも明かしています。

しかも、堀江翔太さんが使う入浴剤は普通の入浴剤ではなくて、少し高価なものを使っているそうです。

なので、入浴剤だけで費用は月1万7千円もかかり、年間で約20万円にもなるのだとか。

ラグビー選手ということもあってお風呂に入る時は普通の入浴剤ではなくて、なるべく疲労回復などができる炭酸の入浴剤を使用しているそうなのですが、これは一回の入浴で1200円もするものを使っているそうです。

堀江翔太さんがお風呂に入る時には入浴剤は一回で2袋使用するそうなのですが、血行を良くしたり、筋肉をほぐしたりする効果が得られるので、疲労回復には大きな効果が得られるようです。

なので、毎月入浴剤だけで1万7千円もかかるというのは納得なのですが、しっかりと高価な入浴剤を使って体をケアしているようです。

こうしたところはさすがプロのアスリートですよね。

ただ、これもプロのアスリートの堀江翔太さんだからこそできることと言えそうです。

実際に一般のサラリーマンだと入浴剤だけで毎月1万7千円もかかり、年間20万円もかかってしまうと奥さんに怒られてしまいますよね。

なので、堀江翔太さんもプロのアスリートであるものの、入浴剤は家計に大きく響いているのではないかとも心配されています。

また、堀江翔太さんは入浴剤の他にも食費186万円、身体のケア代82万円、奥さんの遠征同行費200万円がかかっていることも明かしているそうです。

入浴剤以外のものをすべて合わせると468万円になるのですが、様々な費用がかかっていることがわかりますよね。

ただ、ラグビー選手として常にトップクラスのプレーをするには、これはどうしても必要な費用のようです。

堀江翔太さんは入浴剤も含めて、すべて合わせると500万円近く費用がかかってしまうのですが、入浴剤と家計の関係が話題になるのも納得ですよね。

ただ、堀江翔太さんの年棒ははっきりとはわかっていないものの、年収は2000~3000万円ほどと言われているので、これだけ費用がかかっていてもしっかりと家計のやりくりできるようです。

むしろ、それだけの収入があるので、入浴剤などにもこだわってしっかりと効果が得られるものを使っていると言えそうですね。



Sponsored Links

堀江翔太の髪型は嫁次第?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takechanさん(@takegram83)がシェアした投稿 – 2019年 7月月30日午前2時02分PDT

堀江翔太さんは、その髪型も注目されていますよね。

ラグビー選手は短髪の選手が多い中、ドレッドやパーマをかけた堀江翔太さんの髪形はかなりインパクトがあります。

そんな堀江翔太さんの髪型はお嫁さん次第とも言われているそうなのですが、これはどのようなことなのでしょうか。

堀江翔太さんは以前からドレッドヘアーをしているのですが、このドレッドヘアーは奥さんが編みこんでいるのだそうです。

さらに、サイドをバリカンで刈り上げたりするのもお嫁さんがやっていて、堀江翔太さんの髪形はすべてお嫁さんが作っているといっても過言じゃないのだとか。

なので、堀江翔太さんの髪形はお嫁さん次第と言われるのですが、すべてお嫁さんが手掛けているだけにそれもあながち間違っていないですよね。

ちなみに、堀江翔太さんの奥さんは堀江友加里さんで、2012年に結婚をしています。

お子さんも二人もうけていて幸せな家庭を築いているのですが、堀江翔太さんが遠征する時には奥さんも同行しているのだとか。

さらに、そんな堀江翔太さんと奥さんは小学生の頃からの同級生なのだそうです。

なので、二人の出会いは子供の頃になるようなのですが、そんな二人がそのまま結ばれて結婚するということですごい縁ですよね。

そして、下の画像が堀江翔太さんと奥さんの堀江友加里さんなのですが、奥さんはかなりの美人だと評判になっています。

なので、お似合いの夫婦とも言われているのですが、そんな奥さんのサポートがあって堀江翔太さんは常に全力でラグビーをしていられるようですね。

さらに、堀江翔太さんのドレッドヘアーについては、奥さんが一週間に一回ドレッドヘアーを編みこんでいるのだとか。

奥さんはYOUTUBEを見てドレッドヘアーの編み込みを覚えたそうなのですが、かなりキレイに編み込まれていますよね。

堀江翔太さんは奥さんがいないとドレッドヘアーを維持できないとも言えそうなのですが、ドレッドヘアーをアレンジすることもあって堀江翔太さんの髪型はまさにお嫁さん次第と言えそうです。

また、2019年の堀江翔太さんの髪形は上部は編み込みをしたままで、サイドを1ミリで刈り上げる髪形をしています。

この髪形も奥さんがバリカンを持って刈り上げたそうなのですが、普段は3ミリにするところをお嫁さんが気合を入れて1ミリにしたのだとか。

そんな奥さんの気合が堀江翔太さんに伝わって、新しい髪形でもこれまで以上の活躍を見せてくれそうですね。



Sponsored Links

まとめ

ラグビー日本代表として大活躍している堀江翔太さんは、炭酸の入った入浴剤を使っていて月に1万7千円も入浴剤にお金がかかっていることなどが明かされてかなり驚きですよね。

入浴剤だけで年間約20万円ほどになってしまうのですが、それだけ入浴は大事にしていて疲労回復などの効果を得るために重視しているようです。

また、堀江翔太さんはドレッドヘアーなど髪形も話題になっているのですが、これは奥さんの堀江友加里さんが編みこみをしていて堀江翔太さんの髪形はお嫁さん次第だとも言われています。

堀江翔太さんのトレードマークとも言えるドレッドヘアーは一週間に一回、奥さんが編み込みをしているそうなのですが、こうした髪形を維持できるのもまさに内助の功のおかげと言えそうですね。

今後も奥さんが編みこんでくれる髪形と共に堀江翔太さんのプレーに注目していきたいですね。


スポンサーリンク





スポンサーリンク