【透明なゆりかご】14歳の妊娠のネタバレ!中学生の少女が妊娠した結果訪れた悲劇とは?

「透明なゆりかご」は、主人公の×華(ばっか)が産婦人科でアルバイトした時の経験をつづっている作品です。

今回は透明なゆりかご第2巻12話の
「14歳の妊娠」のネタバレをお届けします!

14歳の少女が妊娠!
その相手は?少女の両親は娘の妊娠をどう受け止めていくのか?

\ネタバレは読まずにマンガで読みたい人はこちら!/

ボタンを押すとまんが王国のページに飛ぶので
検索窓に

透明なゆりかご

と入力すると表示されます。

NHKドラマ「透明のゆりかご」の動画を見たい人はこちら↓↓↓
登録すると31日間無料で視聴できるU-NEXTはこちら

U-nextは動画もコミックも両方読めます♪

注意
NHKオンデマンドの作品は有料です。
お試し登録の際にもらえる600ポイントを使えば2話分見ることができますよ!

「透明なゆりかご」は1話完結で、様々な事情を抱えた妊婦が登場します。

今回ご紹介する「14歳の妊娠」

中学生2年生に娘の妊娠に親や周りはどう対応していくのか?

現実でもありうる話なので。興味深く読み進めていきました。

ところが、そこには悲しい結末がありました。

それではネタバレに行きますね!



Sponsored Links

「透明なゆりかご」14歳の妊娠

主人公の✖華(ばっか)は、ある日友人から相談を受けます。

友人が家庭教師をしている中学2年生の女の子から、妊娠しているかもしれないので産婦人科に付き添って欲しいと相談されました。

家族以外の他人が付き添っていいものかと悩んだ友人は、✖華(ばっか)に相談したのでした。

中学2年生の妊娠に驚く✖華(ばっか)。

25歳で大学教授だという、彼氏のプロフィールを聞いて

絶対だまされてる

と思うのでした。

病院の待合室では友人と中2の真理ちゃんが並んで座っています。

彼氏のナオキと二人でとったプリクラを見ている真理ちゃんに友人は、彼氏には伝えたの?と聞くと

うん、すごく喜んでた

という返事が。

それなら何で病院に来ないの?

という友人の問いに、真理ちゃんは「出張だからこれない」と。

出張から帰ったら親に挨拶に行く、と彼氏のナオキは電話で真理ちゃんに話したのでした。

そして、妊娠の検査結果が出ると

陽性

妊娠していました。

院長先生が、なるべく早く彼氏と母親に来てもらって話をしたいというと、付き添いの友人が真理ちゃんに彼氏に電話をするように言います。

ところが真理ちゃんは

彼氏の携帯は壊れているからつながらない

実家の電話番号も知らない。だって、いつもナオキ(彼氏)から連絡があるから。

そこで友人はあわてて真理ちゃんの自宅に連絡しに行くのでした。

その様子を見て、

彼氏はもう二度と真理ちゃんの前には姿を現さないだろう

と、✖華(ばっか)は思いました。


Sponsored Links

取り乱す両親、娘の出産に反対するが

娘の早すぎる妊娠を知って病院に駆け付けた両親。

母親は号泣、父親は激怒。

真理ちゃんから彼氏は大学教授だと聞いた父親は、その大学に電話して確認。

すると案の定、そんな人はいないといわれてしまいます。

そして

中絶の予約を取る、と院長先生に申し出ます。

真理ちゃんは、彼氏が大学教授だということが嘘とわかっても中絶する気はありませんでした。

むしろ、自分の妊娠に両親は喜んでくれると思っていたのでした。

父親のかたくなささに、真理ちゃんは母親に助けを求めますが、母親は泣きながら

真理は、まだ若すぎる

といって賛成してくれません。

真理ちゃんは

絶対イヤ!!

と、部屋から出て行ってしまいました。

あわてて追いかける父親。

院長先生は、力なく泣いている母親に

未成年でも本人の同意がなければ中絶できないので、同意書を渡すので娘さんとよく話し合ってください。

といいます。

泣きじゃくる母親。

ティッシュを差し出す✖華(ばっか)に、

私の育て方が悪かったのでしょうか・・・

と自分を責める母親の姿に✖華(ばっか)は、優しいお母さんだ。

と感じます。

中学生の妊娠は珍しいことではなく。✖華(ばっか)のバイト先に産婦人科にも同じ時期に3人に中学生が妊娠して来院していました。

3人とも最初は愛する人の子供を産みたい!
と言いますが、結果的には親の必死の説得で考えが変わり中絶に同意する、というパターンでした。

✖華(ばっか)は真理ちゃんも、同じようになるだろうと思っていました。



Sponsored Links

母親の決断

あれから2か月

真理ちゃんの決意は変わりませんでした。

両親との関係は険悪で、部屋に引きこもっており食事も満足にとらないためか頬がげっそりこけていました。

そして、あの彼氏と撮ったプリクラを眺めているのでした。

その様子を✖華(ばっか)に話した友人は、真理ちゃんが内気で孤独だったことを話し始めます。

内気でクラスになじめず、イジメを受けたこともあり、男子とはまともに話したことがなかったとか。

そんな孤独な真理ちゃんはマンガが大好きで、

特に先生と生徒が苦難を乗り越えて愛を実らせるストーリーが大好きでした。

そんな真理ちゃんと彼氏の出会いは出会い系でした。

最初はマンガ友達とイタズラ心で、出会い系に電話をして楽しんでいましたが、相手が教師と聞いて会ってみたくなった真理ちゃん。

それが、彼氏のナオキでした。

真理ちゃんの夢に話を合わせる彼氏に真理ちゃんはドンドンハマって行くことに・・・。

✖華(ばっか)は、先生と生徒が苦難を乗り越えて愛を成就させる漫画のストーリに真理ちゃんは自分を投影させているのかな?と心配するのでした。

そのころ、真理ちゃんの中絶について、どうするか話し合っていました。

同意書の真理ちゃんの名前は、母親のお前が書いてくれ

という父親の言葉に母親は

そんなことしたって、あの子は病院にすら行かないわよ

とあきらめモード。

そんな母親に、

階段から突き落とすか

と怖いことを言い出す父親。

そんなひどい!

お前が甘やかすからだろ

と、父親。

母親は同意書を手に真理ちゃんの部屋へ向かいます。

ドアを開けると、部屋はまるで真理ちゃんが暴れたのかのように荒れています。

その中で机に突っ伏して泣きじゃくる真理ちゃん。

真理

と声をかけただけで

絶対に堕さないから!

と大声を出します。

一人でどうやって育てるの?

という母親の問いに

産んだら彼が来てくれるもん!
自分の子だよ?戻ってきてくれる!

驚いたことに真理ちゃんはまだ彼氏のことを信じていました。

せめてご飯くらい食べて

と心配する母親に対して真理ちゃんは今まで思っていた怒りが爆発します。

心配するフリなんてしないで!

ママはいつも
ちゃんと勉強して大学にいって結婚しろ、ってそれしか言わない!

私はそんな人生はイヤ!好きな人と一緒にいたいの!

ママは私の幸せなんて考えていないでしょ!
自慢の娘が欲しいだけ!

娘が母親に対してずっと思っていた不満を爆発させた瞬間でした。

それを聞いた母親は

分かったわ 産みなさい

と言います。

驚く真理ちゃん。

母親は中絶の同意書を破りながら

パパたちはママが説得するから!
でも子育てが落ち着いたら高校に行くっていう約束をしてちょうだい。

それができるなら、産んでもいいわ

母親が決断をした瞬間でした。

そして悲劇が・・・

母親と真理ちゃんは✖華(ばっか)がバイトをする産婦人科を訪れました。

中絶をせずに出産を決意した、と伝えるためです。

真理ちゃんが別室で診察を受けている時に、✖華(ばっか)は母親にたずねます。

良く決心されてましたね

母親は、

今でも出産には反対だけど。あの子を守ってあげられるのは私しかいないから。
産んだら、私が育てるつもり。
近所には秘密にして、真理にはやっぱり学校に戻って、大学へ行っていい会社にいってほしい。
そして、結婚も。

パパは縁を切るっていっているけど、今は無事に生まれてくる事を願っている。

あんなに泣きじゃくっていた母親が短期間で、こんな風に決断できるってお母さんってすごい。

そう驚く✖華(ばっか)でした。

そして半年後、真理ちゃんは無事に出産します。

元気な男の子でした。

先に病院に来た父親は孫にメロメロ。

こんなかわいい子を産むなって言っていた自分を反省し、真理ちゃんに泣いて謝るのでした。

✖華(ばっか)は父親のそんな様子を見て、一安心だと喜びます。

あとは友人と一緒に母親が来るはず・・・遅いな。

そのころ、友人は母親の家に迎えに行っていました。

声をかけても返事がないことを不審に思った友人が家にあがると、そこには台所で倒れいている母親の姿がありました。

死因は心筋梗塞。

友人が訪ねた時にはすでに息をしていませんでした。

真理ちゃんは、自分が苦労をかけたせいだと悲しみます。

母親は真理ちゃんの妊娠期間中、一人で面倒を見てきました。
その疲れが出たのでしょうか・・・。

葬儀では、体を支えてもらうほど泣きじゃくっていた真理ちゃん。

母親を失って途方にくれる真理ちゃんの姿を見て、友人もどうしていいのかわからないと✖華(ばっか)にうちあけます。

これからどうしていいかわからない・・・

父と二人になった家で、真理ちゃんは涙を流していました。

そこに父親が、母親の持ちものを差し出しました。

ママの部屋を片づけていたら、お前の物が入っている箱を見つけたら持っていてくれないか。

その箱の中を見たとき、真理ちゃんの気持ちは固まりました。


Sponsored Links

前を向きだした真理ちゃん

母親が生前大事にしていた真理ちゃんの思い出がつまった箱を開けると、昔の写真などが出てきました。

その中に、テープでくっつき合わせた1枚の紙が出てきました。

それは、真理ちゃんが数学で100点をとった時の答案でした。

その時の記憶がよみがえります。

これなら上の大学に行ける、と喜ぶ母親。

専門学校でいいよ、と真理ちゃんが言うと

自分は高卒で就職したから、大卒方が就職に有利だから行けるなら行かなきゃソンよ。
応援するから

そんな風にいって笑う母親の笑顔を思い出した真理ちゃんは決断します。

分かったよ、ママ

そして、参考書に手を伸ばすのでした。

3年後の真理ちゃん

3年後、✖華(ばっか)は友人と一緒に真理ちゃんと再会します。

現れた真理ちゃんは、子供を連れていました。

そんな真理ちゃんの近況は、

出産後しばらくして復学した真理ちゃんは、ハイレベルな大学を目指して勉強していました。

乳飲み子を抱えて勉強することは大変で、夜も昼もありません。

母親になっていろんな経験した自分を振り返って、

なぜ母は自分が妊娠した時に号泣したことの理由がわかったといいます。

母は「娘がこの先味わう苦労」を知っていたから、泣いていたんだと。

やっと自分がしたことで、どれほど親を傷つけ悲しませていたかを知りました。
と涙する真理ちゃん。

母親になって、子供の幸せを願う気もちがわかったのでした。

そして、真理ちゃんは希望通りハイレベルな大学に合格し、大手の商社に就職。
母親との約束を守ったのでした。

そして時は流れ、あの時の子供は小学生に。

場面は授業参観。

隣の席の男の子がいいます。

お前のかーちゃんまだ?

なんだよ、俺のかあちゃんのファンかよ?

だって、お前のママ超美人で姉ちゃんみたいじゃん

そこに真理ちゃんが教室に入ってきます。

喜んだ顔をする子供。

真理ちゃんがお母さんに語りかける心の声が聞こえます。

お母さん、あの時産ませてくれて、本当にありがとう。




Sponsored Links

「透明なゆりかご」14歳の妊娠を読んで感想

14歳の中学生の妊娠はメディアなどで時々耳にしますが、出産するのは少ないのではないでしょうか。

真理ちゃんの行動や言動には、幼さがありますよね。

彼氏はとうとう姿を見せることがありませんでした。

やはり、産むも産まないも一番大変なのは女性です。

それにしても、お母さんは残念でした。

せめて孫を抱かせてあげたかった・・・

また、お母さんが倒れているシーンがせつない!
だって、食べ物がつまったお重がかたわらに落ちているんですよ~

出産を終えた娘に、栄養のつくものを差し入れしようとしたんでしょうね、きっと涙

ほんと、せつない話でした。

文字だけだと伝わらないところもあったかと思います。

マンガで読みたいと思った方はこちら↓↓↓

\透明なゆりかごを読んでみたい人はこちら!/

今なら第1話が無料で読めますよ♪

今回ご紹介した、「14歳の妊娠」は第2巻12話です!

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました☆

NHKドラマ「透明のゆりかご」見逃し動画を見たい人はこちら↓↓↓
登録すると31日間無料で視聴できるU-NEXTはこちら

U-nextは動画もコミックも両方読めます♪

注意
NHKオンデマンドの作品は有料です。
お試し登録の際にもらえる600ポイントを使えば2話分見ることができますよ!
★ポチっとしてくれたらウレシイです★
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク