雅子さまの過去の男性遍歴がヤバイ!元カレの現在と病気のきっかけの関係が気になる!

平成も終わり、ついに雅子皇后が誕生しました。
一般人だった雅子さまが皇室に入ってから早25年。

その雅子さまには独身時代にお付き合いをしていた男性がいたそうです。
一般人ですからね、若い女性に恋人がいるのはおかしなことではありません。

だけど、気になる雅子様の男性遍歴・・・。
というわけで、この記事では雅子様の過去の男性遍歴と元カレの現在についてまとめました。
元カレの現在について驚きの事実がありました!

Sponsored Links


雅子様のプロフィール

生年月日:1963年12月9日(55歳)
出身地:東京都
出身校:ハーバード大学経済学部卒業、東京大学法学部中退

小和田家の長女として生まれた雅子さま。
外交官の父親の仕事のため、1歳ころから海外を転々とし、ロシア・スイス・アメリカで生活をしました。

小和田恒(雅子さまの父親)の現在は介護されている?学歴・経歴や家系図が気になる!

2019.05.19

小・中・高は日本の学校で学びます。
高校2年生になると父親の転勤でアメリカのマサチューセッツ州ボストン市へ。

ベルモント・ハイスクールに転入し、ソフトボール部と数学クラブに所属します。
この高校で雅子さまは優秀な成績をおさめることに。

ハイスクール時代とハーバード大学在学中の優秀っぷりや東大を中退した理由など、
詳しくはこちらの記事にまとめています↓↓↓

雅子さまの学歴と経歴や留学したハーバード大学での成績は?英語ができない噂は本当?

2018.11.06

雅子様は小学校から高校2年までを日本の学校で過ごしていることから、厳密にいうと帰国子女ではないんだとか。
帰国子女でなくとも英語はペラペラなので、あんまり関係ないかな、と思います。

1993年 皇太子と結婚。
2001年 愛子さまが誕生
2004年 適応障害と診断 病気療養へ
2019年 5月 新皇后となる

学生時代のプロフィールを見ると、本当に優秀な女性だったことがわかります。
そして、美貌の持ち主なんですよね。

雅子さまの若い頃は本当にお美しく、聡明で素敵な女性だなって思ったもんです。



Sponsored Links

雅子さまの過去の男性遍歴

聡明で美しい雅子様。
学生時代や外務首に勤務していたときは男性とお付き合いしたことがあるんだろうなって思います。

が、当然ながら具体的にどんな男性と過去、お付き合いをしたかについては全く情報はないんですよね。

むむむ、確かに未来の皇后様の過去の男性遍歴は世に出るのはいかがなものか、と思います。

もしもお付き合いをした男性がいたとしたら、その方はきっと口が裂けても

「実は元カノは、・・・」

なんてこと言うはずがないし、ペラペラ吹聴してまわるようなそんな男性とは雅子様はお付き合いしないでしょうね、きっと。

雅子様の元カレ情報なんてないだろうなー、と思って検索していたら。。。

見つけちゃいました・・・
しかもなんだか不可解なことも書いてありました・・・汗



Sponsored Links

雅子様の元カレの現在

雅子様の元カレは、外務省の先輩の奥克彦さんだと噂されています。

ところが奥克彦さんは赴任地のイラクで銃撃を受けて亡くなりました。
2003年のことです。享年45才でした。

亡くなった時は家庭をもっていたので、まさか不倫?!
と思いましたが、お互い独身の頃のお付き合いだった可能性もあります。

亡くなった奥克彦さんは、早稲田大学出身でラグビー部に所属したいたこともあって体格ががっちりしたスポーツマンでした。

なんとなく、性格もおおらかで男らしい方だったのではないかと思います。

皇太子さまとのことがなければ、二人は結婚をしたかもしれないという噂がありますが、実際のところはわかりません。



Sponsored Links

雅子さまの病気のきっかけとの関係

雅子様が長く公務から遠ざかったしまった原因は適応障害という病気でした。

適応障害により、病気療養に入ると発表されたのは2004年でした。

その前の年、2003年に元カレと噂された奥克彦さんが若くして亡くなりました。

このことにより、雅子様は元カレであった奥克彦さんの突然の死がショックで適応障害になったのでは?
と噂されましたが、一概にそういえないと思います。

確かに外務省時代にお世話になった仲の良い先輩の突然の死は、ショックだと思いますが、一般市民として普通に生活をしていても先輩の突然の死はショックです。

なので数ある原因の中の一つだろうと思います。

現に奥克彦さんが亡くなる前から、雅子様は体調不良による公務の欠席も増え始めていました。

たとえ噂通りに、結婚を約束していた仲だったとしても当時は雅子様は母親になっていましたし、亡くなられた奥克彦さんもご家庭を持ち父親でした。

お二人とも過去のこととして別々の道を前に進んだのは間違いありません。

雅子様が適応障害という病気になられた背景には、皇室の中で孤独だったのではないかと思います。

それは皇太子さまの「人格否定」発言で推測できます。

自分のキャリアを活かして、皇室に尽力できることはないかと模索する雅子さまと、そんなことより早くお世継ぎを望む声
との軋轢に悩んだことと思います。

その悩みを誰にも打ち明けられず孤独に一人抱えていくことで、いっぱいいっぱいになってしまったのではないでしょうか。

適応障害と発表されてから15年がたち、次第に公務に出席する回数も増えてきた雅子様。

>>秋の園遊会(2018)での雅子様の様子は?ご体調復活の兆しが!

ご回復には愛子さまの成長も大きいのではないでしょうか?

小学生から中学生にかけて、一時期学校を休みがちな時期もありましたが無事に乗り越えて学校生活を送っています。

成績はとても優秀なんだとか!
雅子さまのDNAを感じますね~

愛子さまが優秀すぎて偏差値72は本当?嘘?東大に進学の可能性も気になる!

2019.05.01

そして、皇太子さまの存在も雅子さまにとって大きいですよね。

病気療養中の雅子さまは家事もままならない日々もあったそうです。
そのことで一時期メディアでは離婚の危機も書きたてましたが、お二人はそんなこともなく今ではそろって公務にお出かけになっています。

皇太子さまは焦らずじっくり雅子さまを見守るってきたんだろうな、と思います。

皇室は週刊誌の報道に目を通しているそうなので、きっとツライ日々もあったことでしょう。

最近ではお二人そろった姿をメディアで拝見することが増えてきて、なんだかうれしいですね。
やっぱり夫婦仲良くというお手本みたいな感じがします。

いよいよ御代が変わり、皇太子さまは天皇陛下に。
雅子さまは皇太子妃から皇后へ。
元号は平成から令和へと。

明るい未来が約束されているわけではなく、日本には少子高齢化などの課題もたくさんあります。

令和は、いったいどんな時代になっていくのでしょうか?

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました☆

★ポチっとしてくれたらウレシイです★
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク