雅子さまの病気は適応障害ではなくディスチミア症候群だった?原因と症状が気になる!

皇后陛下になられて様々なことで注目されている雅子さま。今上天皇陛下と共に皇后としてご公務も多くこなされています。

そんな雅子さまの病気は適応障害じゃなくてディスミチア症候群と言われて、その原因と症状が注目されているそうなので調べてみました。

Sponsored Links

雅子さまのプロフィール


任皇后雅子様のプロフィール

名前:皇后雅子
生年月日:1963年12月9日(55歳)
出生地:東京都
身長:164cm
血液型:A型

・1981年:ハーバード大学経済学部に入学する。
・1985年:ハーバード大学を卒業する。
・1986年:東京大学に外部学士入学する。
・1987年:外務省に入省する。

雅子様は、東京都で生まれていて、父親の小和田恒さんが在ソ連日本大使館の一等書記を務めるなどしていて、生まれてすぐにモスクワで過ごしています。

さらに、小和田恒さんがその後に国連で仕事をするなどしていたためにスイスやニューヨークで暮らすなどしていて、幼少の頃から様々な国で暮らしています。

当時から雅子様は海外の学校に通っていて、高校はマサチューセッツ州ベルモントハイスクールに通い、その後ハーバード大学に入学しています。

また、ハーバード大学を卒業後は東京大学に入学して、すぐに外務省に入省して外交官となっています。

外交官としては、北米局に配属されるなどして、通訳として政治家の会談などに参加するなどして大活躍していました。

また、1987年には今上天皇陛下とお会いし、1993年に納采の義が行われて正式に婚約となり、ご結婚されています。

2001年には敬宮愛子内親王をお産みになり、2019年に今上天皇陛下が即位されたことによって皇后になられています。



Sponsored Links

雅子さまの病気の真相は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Y.K Chengさん(@chengyukuan)がシェアした投稿 – 2019年 4月月30日午後9時19分PDT

雅子さまは長年、病気を患っていることが知られていますよね。

そのために公務を休みされることも多くあって体調を心配する声も多く上がっていました。

そんな雅子さまは2019年6月1日に浩宮さまが天皇陛下になられたことから皇后になられて、今まで以上に多くの公の場に出席することが多くなりました。

特に最近の雅子さまは剣璽等承継の儀に出席されたり、アメリカから令和最初の国賓であるトランプ大統領を迎えられて晩さん会に参加されるなどしていて、体調面もかなり良くなったようにも感じますよね。

なので、現在の雅子さまの体調は以前に比べるとかなり良くなったと言えそうです。

御病気でいるというのは間違いないので、完全な調子というわけではないようなのですが、お元気そうに公務をこなしている姿から病気はかなり快復されたようにも見えます。

ただ、現在の雅子さまの実際の体調などについては詳しいことはよくわかっていないのだとか。

そもそも雅子様が体調を崩されたのは愛子さまを出産した後からと言われていて、2003年12月に体調不良で入院されて、それ以来、療養生活を送っていました。

なので、ご公務を欠席することも多くあって、一時期は皇后になって公務を行うことは無理なのじゃないかとも言われていたこともあります。

しかし、そのように言われていたものの、雅子さまは2017年頃から徐々にご公務をされることが多くなって体調も良くなってきたと言われていました。

まだ病気が完治されたということは発表されていないものの、ご公務での元気な姿を拝見するとかなり病気のも良くなっているのは間違いなさそうですね。

また、そんな雅子さまの病気については、まだ完治はしていないのですが、適応障害ということも公表されています。



Sponsored Links

適応障害とは

 

この投稿をInstagramで見る

 

野田孝子さん(@takakopoodle)がシェアした投稿 – 2019年 6月月5日午前12時46分PDT

雅子様は2003年に宮内庁から適応障害ということが発表されています。

適応障害とは大きなストレスを感じたことから引き起こされる病気で、何らかの出来事や行動が大きなストレスとなって心身共に不調を感じてしまう病気になります。

適応障害の症状としては不安感を感じたり、憂鬱な気分が強くなってしまうなどし、さらに過剰に心配をしたり神経過敏になってしまうことがあると言われています。

そんな適応障害の症状は具体的には不安、焦り、抑うつ、怒りなどの精神的な症状や暴飲暴食、無断欠席、けんか、無謀な運転などの行動面の症状が見られます。

さらに、汗をかいたり、めまいがしたり、緊張のために手が震えたりすることもあるのだとか。

体が健康にもかかわらずストレスのためにこうした症状が出てしまうということで、かなりやっかいな病気ですよね。

ちなみに、適応障害は人口の1%の人がなると言われていて、適応障害と診断されてその後にうつ病と診断されることもあります。

なので、適応障害を発症したことからより重い病気になることも多くあって、適応障害と診断された人はその後も重要になるのですが、一度適応障害と診断されてしまうとかなり長い間、大変な思いをされる人が多いようですね。

雅子さまがいつこの適応障害を発症したのかはわかっていないのですが、愛子さまをご出産した後に適応障害を発症したとも噂されています。

産後うつから適応障害を発症したとも言われているのですが、実は雅子さまは愛子さまをご出産する前から皇室という制度に馴染めずに、徐々にストレスを感じてしまって適応障害を発症してしまったとも言われています。

なので、雅子さまが適応障害を発症してしまったのは皇室に嫁がれたことが大きく影響しているのは間違いなさそうなのだとか。

他にも世継ぎのために男子を出産しなければいけないというプレッシャーやマスコミなどの影響も大きいと言われています。

皇室に嫁いでからは精神的にかなり大変な思いをされたことは間違いないのですが、雅子さまが適応障害になってしまったことについては無理もないという意見も多いそうです。

そして、適応障害によって雅子さまにどのような症状が現れているのかは公表されていないのですが、これだけ長い間ご公務を欠席されたりするということで、うつや神経過敏などの症状が出てしまっているのかもしれません。

また、この適応障害の症状はストレスを感じなくなると症状が見られなくなると言われていて、完治するためにはなるべくストレスを感じない環境にすることが重要になるそうです。

雅子さまの場合は皇室から離れることはできないので常にストレスを感じていて、そのために症状が完治しないとも言われているのですが、適応障害を治すのはかなり難しいようですね。



Sponsored Links

ディスチミア症候群の原因と症状

 

この投稿をInstagramで見る

 

Donaldさん(@donaldkuo22)がシェアした投稿 – 2019年 5月月1日午前1時02分PDT

雅子さまは適応障害と公表されていたのですが、実はディスミチア症候群なのではないかとも噂されています。

このディスミチア症候群というのはうつ病の一種で、何かうまくいかないと他人のせいにしてしまい、自分に責任はないと思ってしまうなどの他罰感情が強く、負けず嫌いの人などに多く見られると言われています。

さらに、この病気は若年層に多く見られて、自分は何でもできる万能な人間と思いこんでいたり、自己愛が強い人が発症しやすいと言われています。

一般的なうつ病は自分を責める気持ちが強くなってしまうことが知られているのですが、ディスミチア症候群の場合は自分を責めるよりも他人を責めることが多いので普通のうつ病とは正反対のうつ病とも言われているのだとか。

また、このディスミチア症候群は、仕事がストレスだった人の場合は仕事を離れると途端に元気になって趣味などを存分に楽しめることも多く見られるのだとか。

なので、別名「わがまま病」と言われたりもしています。

さらにディスミチア症候群はうつ病と診断されないことも多く、投薬治療などの効果も少ないと言われていて、慢性化しやすいと言われています。

雅子さまがディスミチア症候群なのかどうかははっきりとはわかっていないのですが、外務省のエリート職員として活動していた雅子さまが皇室入りをして伝統的なしきたりや皇太子妃として常に注目されてしっかりとした言動をしなければならなかったことから精神的に大きなストレスを感じてしまってディスミチア症候群を発症したとも噂されています。

また、雅子様は公務をお休みされることも多かったものの、ディズニーランドを貸し切りにして遊んだり、乗馬をしたり、買い物をしたりしていると噂されたりもしていて、そうしたことから公務以外では元気に過ごしていることからディスミチア症候群と言われるようになったのかもしれません。

実際に公務などをしない時は表情も明るくて元気なのでディスミチア症候群の可能性が高いとも言われているのですが、ストレスを感じないところでは元気に活動できているのはディスミチア症候群と噂されてしまのも無理はない感じもしますよね。

ただ、これについてもあくまで噂で本当に雅子さまがディスミチア症候群かどうかはわかっていないそうです。

純粋に公務を離れたプライベートで元気な姿を見せていただけなのかもしれないのですが、何かと行動が注目されてしまう雅子さまなので、病気はディスミチア症候群のせいと言われてしまうようですね。



Sponsored Links

雅子さまが皇后陛下になって病気は治った?

 

この投稿をInstagramで見る

 

HIROMI87さん(@4hanamama)がシェアした投稿 – 2019年 6月月1日午後6時18分PDT

雅子様は皇后になられてから今上天皇陛下と共に様々な場に出席されていますよね。

現在の雅子さまのお姿から現在はかなりお元気そうなので、病気も完治したようにも見えます。

雅子さまの病気が完治されたということが正式に発表されたことはないのですが、かなり体調が良いのは間違いなさそうです。

また、雅子さまは2013年から海外に訪問されるなどご公務を再開されて、2015年には12年ぶりに秋の園遊会にご参加されるなどしています。

なので、2013年頃から徐々に心身の調子が良くなっていたようです。

特に2017年頃からはご公務に参加されることも多くなって、体調は元に戻られたとも言われています。

2019年に皇后となられた雅子さまを見ても一時期よりも遥かに体調がよく見えるので病気も快復されたように見えますよね。

ただ、宮内庁は雅子さまについて今もご療養中で行事に参加された時にはかなり疲れてしまうこともあると発表しているのだとか。

また、かつては週に2回の公務は厳しいと医師が判断したこともあるとも言われていて、今も無理をすると一気に体調を崩されてしまうのではないかと心配されています。

今の雅子さまは週2回のご公務が厳しいと診言われた時よりも症状が良くなったので、ご公務に参加されることも多くなったのですが、一頃よりは表情も明るくなって皇后らしいふるまいが大絶賛されています。

 

なので、今は体長も万全でしっかりと公務を務められていると言えそうですね。

ただ、まだ完治はしていないようなのご無理をされないように気を付けて欲しいですね。



Sponsored Links

まとめ

適応障害と公表されてかねてから体調が心配されていた雅子さまなのですが、現在も病気療養中ということに変わりはないようですね。

かつて宮内庁は適応障害と公表したのですが、ディスミチア症候群と言われることもあって、実際のところはわかっていないようです。

さらに、雅子さまはかつては産後うつとも言われたことがあって、体調を崩されたことについては今も様々なことが言われています。

ただ、そんな雅子さまも2000年代には公務を欠席されることも多かったものの、現在はかなり症状も良くなっているようです。

皇后となられてからは海外からのお客様を迎えられて元気な姿を見せられていて、皇后としての振る舞いも絶賛されているので、今後もご無理をなさらずにご公務に励んでほしいですね。

今日も最後までお読みくださりありがとうござました☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク