石坂浩二が再婚した相手は誰?子供の存在と浅丘ルリ子との離婚理由も気になる!

俳優として今も大活躍している石坂浩二さん。俳優ながらも様々なジャンルで幅広い知識を持っていることも知られています。

この記事では、そんな石坂浩二さんが再婚した相手と子供の存在と浅丘ルリ子さんとの離婚理由が注目されているそうなので調べてみました。

Sponsored Links

石坂浩二のプロフィール


石坂浩二のプロフィール

名前:石坂浩二
生年月日:1994年6月20日(77歳)
出生地:東京都
身長:177cm
血液型:O型
事務所:プロダクション尾木

・1958年:ドラマ「お源のたましい」でドラマデビューする。
・1967年:劇団四季に入団する。
・1971年:浅丘ルリ子と結婚する。
・2001年:離婚する。
・2017年:ドラマ「やすらぎの郷」に出演する。

石坂浩二さんは1958年に「お源のたましい」に出演して芸能界デビューしています。

当時はまだエキストラ役などを演じていたものの、1962年には「しゃぼん玉ミコちゃん」、「潮騒」、「泣くなマックス」などに出演し、俳優として本格的に活動するようになりました。

さらに、1963年には「花の生涯」に出演し、「赤穂浪士」や「太閤記」、「天と地と」などの大河ドラマにも多く出演するなどして若手ながらも大活躍していました。

また、1967年には劇団四季に入団して活動するようになり、俳優活動の他に劇団で演出助手なども務めています。

こうして映画、ドラマ、劇団で活躍していた石坂浩二さんは1976年には「犬神家の一族」に出演し、1983年には「細雪」に出演するなど出演映画も大ヒットしています。

80年代以降も映画、ドラマに多く出演し、90年代には「開運!なんでも鑑定団」などのバラエティー番組にも多く出演してお茶の間でも人気となりました。

さらに、石坂浩二さんは二科展にも入選するなど趣味の絵画も注目され、他にもプラモデルのコレクションなどプライベートも大注目されています。



[

Sponsored Links
]

石坂浩二が再婚した相手は誰?

 

View this post on Instagram

 

Norihiko Tsukuiさん(@norihikotsukui)がシェアした投稿 – 2019年 4月月13日午前3時43分PDT

石坂浩二さんは1971年に女優の浅丘ルリ子さんと結婚、離婚しています。

浅丘ルリ子さんと離婚後には再婚をしているのですが、そんな石坂浩二さんの再婚相手も注目されています。

人気俳優と人気女優の石坂浩二さんと浅丘ルリ子さんの離婚ということで大きな話題になったのですが、離婚後すぐに石坂浩二さんが再婚したので再婚相手は特に大注目されたのだとか。

そして、そんな石坂浩二さんが再婚した相手は石坂さんが主宰する劇団「急旋回」で事務員として働いていた女性で、再婚する十数年前から石坂浩二さんの身の回りの世話をしていたのだそうです。

石坂浩二さんの再婚相手の名前などはわかっていないのですが、80年代後半から石坂浩二さんの身の回りの世話をしていたと言われています。

なので、かなり昔から石坂浩二さんと親しくしていたようです。

さらに、石坂浩二さんは当時も浅丘ルリ子さんと結婚生活を送っていたので、その女性とは不倫関係ということも噂されたのだとか。

実際に、再婚相手の女性は石坂浩二さんだけの面倒を見るのじゃなくて石坂浩二さんの両親の食事を作るなどしていたそうです。

なので、浅丘ルリ子さんよりもお嫁さんらしいことをしていたとも言えそうなのだとか。

当時の石坂浩二さんとその女性の関係がどのようなものだったのかはわからないのですが、両親の面倒を見てもらうなど特別な関係だったのは間違いないようですね。

また、そんな石坂浩二さんと再婚相手の女性なのですが、二人は年齢差が22歳差もあるのだそうです。

石坂浩二さんと再婚相手の女性に22歳差もの年齢差があることに驚く人も多かったのですが、石坂浩二さんは年齢よりも若く見えるので年齢差は特に気にならなかったのかもしれませんね。

また、石坂浩二さんというと同じ劇団に所属していた別の女性との関係も噂されていました。

この女性は石坂浩二さんが再婚した女性とは別の女性なのだそうなのですが、石坂浩二さんは様々な女性と噂になっていて、かなりモテることがわかりますよね。

石坂浩二さんは浅丘ルリ子さんと結婚した当初から女性の影があったとも言われているのですが、石坂浩二さんは結婚後もかなりモテていたようです。

再婚相手の女性も石坂浩二さんの魅力にホレてしまって、石坂浩二さんと親の身の回りの面倒を見るようになったのかもしれませんね。



[

Sponsored Links
]

子供の存在 浅丘ルリ子との離婚理由

 

View this post on Instagram

 

Candice Wilsonさん(@japan_inf)がシェアした投稿 – 2019年 4月月10日午前4時49分PDT

石坂浩二さんは浅丘ルリ子さんと離婚をしていて、その離婚理由や子供の存在も注目されています。

二人は2001年に離婚をしていて30年近く結婚生活を送っていたのですが、子供はもうけていないのだそうです。

石坂浩二さんは俳優として活躍し、浅丘ルリ子さんも女優として忙しく活躍していたので子供をもうける暇もなかったのかもしれませんね。

また、そんな石坂浩二さんと浅丘ルリ子さんの離婚理由についてなのですが、石坂浩二さんが母親の介護を浅丘ルリ子さんに頼めなかったことが影響していると言われています。

石坂浩二さんは2000年に父親が亡くなり、母親もかなり高齢で足が悪く日常生活に支障が出るなどしていたので、そんな母親の介護をする必要があったのだとか。

しかし、浅丘ルリ子さんは女優として活動していたことに加えて、俳優として自分よりも能力のある浅丘ルリ子さんに母親の介護に専念して欲しいとは言えなかったことから離婚することを決めたのだそうです。

また、石坂浩二さんは父親が生きている時には「正月に帰ってこない」と言われるなどしていたのですが、父親が亡くなった後にいかに自分が親不孝だったのかということを痛感したのだとか。

なので、そこから親孝行をしようと母親と一緒に暮らすことを考えるようになったことを明かしています。

さらに、浅丘ルリ子さんには母親の介護を頼めなかったものの、再婚相手の女性には浅丘ルリ子さんと結婚している時から石坂浩二さんの両親のために食事を作ってもらうなどしていて母親の面倒を見てもらっていたことも明かしています。

そうしたことから浅丘ルリ子さんと結婚していた時から、母親の介護も事も含めてその女性と一緒になることを考えるようになったようです。

父親が亡くなって母親の面倒も見なければいけないことから浅丘ルリ子さんとの離婚を考えるようになったそうなのですが、浅丘ルリ子さんとの離婚は母親の介護が大きく影響していたのは事実のようです。

また、そのようなことから浅丘ルリ子さんと離婚をしたことで、石坂浩二さんのことを非難する声も多く見られたのだとか。

確かに、石坂浩二さんの都合で浅丘ルリ子さんと離婚をしたようにも感じてしまうので、石坂浩二さんが批難されてしまうのも仕方がない感じがしますよね。

特に、石坂浩二さんは結婚をしている時から常に女性の影が見えたりしていたこともあって浅丘ルリ子さんのことを気の毒に感じる人も多いようです。

なので、浅丘ルリ子さんとの離婚や再婚を経て、石坂浩二さんの印象が悪くなった人も多いのだとか。

石坂浩二さんと浅丘ルリ子さんは円満離婚と言われているものの、世間のイメージは一気に悪くなってしまったようですね。

しかし、石坂浩二さんと浅丘ルリ子さんは今も仲が良くて「やすらぎの郷」や続編の「やすらぎのの刻」でも共演しているので、離婚をしても周囲が思っているよりも関係は良いようです。

今後もそんな石坂浩二さんと浅丘ルリ子さんの関係に注目していきたいですね。



[

Sponsored Links
]

まとめ

石坂浩二さんは劇団の事務員の女性と再婚しているのですが、浅丘ルリ子さんと離婚してわずか5日後に再婚したことで大きな話題になりました。

浅丘ルリ子さんと離婚する前から再婚の女性との関係とは関係があったのですが、かなり驚きですよね。

さらに、浅丘ルリ子さんと離婚した理由は母親の介護を浅丘ルリ子さんに頼めなかったからだそうなのですが、女優として1950年代から活躍している浅丘ルリ子さんなので、そんな浅丘ルリ子さんに母親の介護を頼めないというのは納得ですよね。

浅丘ルリ子さんに介護が頼めない分、再婚相手の女性に母親の食事を作ってもらうなどしていて、そこから浅丘ルリ子さんとは別れて再婚することを意識するようになったそうなのですが、芸能人の離婚理由としてはかなり特殊な再婚理由と言えそうです。

石坂浩二さんは再婚後は再婚相手の女性と母親と横浜市に構えた自宅で一緒に過ごしていたそうなのですが、今後もそんな石坂浩二さんの結婚生活については注目されていきそうですね。

Sponsored Links