大阪万博(2025)が決定で会場の夢洲にカジノはできる?開催期間と完成予想図も気になる!

2025年の万博(国際博覧会)の会場が大阪に決定しました!
2020年の東京オリンピックについて、世界的なイベントが日本で開催されるってちょっと感動です。
気になる大阪万博の会場や開催期間、カジノができるかについて調べてみました♪

Sponsored Links

2025年大阪万博が開催決定!ダウンタウンも喜びのコメント

なんと55年ぶりに大阪万博が開催されることが決定しました!

松井知事めっちゃよろこんでる♪

【パリ津久井達】政府が大阪誘致を目指す2025年国際博覧会(万博)の開催国を決める博覧会国際事務局(BIE)の総会が23日にパリであり、加盟国による投票の結果、日本がロシア(開催地エカテリンブルク)とアゼルバイジャン(同バクー)を破り、開催国に選ばれた。国内開催の大規模万博は1970年大阪万博、05年愛知万博(愛・地球博)に続き3回目。大阪では55年ぶりの開催となる。(毎日新聞)
引用元:Yahoo!ニュース

大阪万博の誘致では最近、大阪の登美丘高校のダンス部が「世界の国からこんにちは」の曲で踊ったのが話題になりましたよね。
他にも誘致の顔ともいえるアンバサダーにはダウンタウン、片岡愛之助さんが就任。
イベントで大阪万博を宣伝してきました。

1970年の大阪万博では「月の石」が展示されるわ、岡本太郎の太陽の塔ができるわで昭和の大阪を語る時にはかかせない話題です。

その大阪で55年ぶりに万博が開催されるとなると、大阪府民の皆さんはさぞかし嬉しいのではないでしょうか。
大阪万博誘致のアンバサダーのダウンタウンの二人も喜びのコメントを寄せています。

大阪万博決定にダウンタウンの松本人志(55)は「素晴らしい!皆様の地道な努力の結果だと思います。ダウンタウンは何もしておりません。特に浜田(笑い)」とコメント。浜田雅功(55)は「素晴らしい!皆様の地道な努力の結果だと思います。ダウンタウンは何もしておりません。特に松本(笑い)」とコメントした。
引用元:日刊スポーツ

まだ開催が決定したばかりで大阪万博の詳しい内容は決まっていませんが、プレゼンに使用した資料からどんな万博になるのか調べてみました。

大阪万博の会場と開催期間

2025年に開催される大阪万博の会場の予定地は決まっています。

大阪湾に浮かぶ人口島の「夢洲(ゆめしま)」です。

夢洲は大阪市が1977年から埋め立てを始め、現在も工事が続いています。
完成すると、広さは東京ドーム約83個分の390ヘクタールになるんだとか!

夢洲(ゆめしま)は当初、情報通信産業などを集積した「新都心」となるはずでしたが、景気悪化で利用が進まず活用されず「負の遺産」になっていました。

その夢洲(ゆめしま)を活用をしようと考えたのが松井一郎知事。

そして、大阪万博を夢洲に誘致することに成功したんですね。
松井知事は万博だけでなく、カジノの誘致も考えているそうで、この二つが実現したら新たな観光スポットできそうですね!

夢洲の場所はアクセスも良く、USJとも近いので両方観光できそうな立地です。
ホテルもどんどん開業するのではないでしょうか。

大阪万博の開催期間は今のところ2025年5月3日~11月3日の185日間を予定しています。

来場者数は2800万人を予想しており、カジノも誘致できれば2025年の経済効果は2兆6100億円と予想されています。


Sponsored Links

夢州にカジノは誘致されるか

大阪万博の会場の隣にカジノを誘致したいと考えている松井知事。

もし2つの誘致が実現すれば、巨額の経済効果が見込めるのですが実現するのでしょうか?

日本にカジノは違法なのですが、これを合法にしようとカジノ法案が国会に提出され2018年7月の国会ですでに可決し、日本でもカジノができることになりました。

カジノは統合型リゾート(IR)として国際展示場や宿泊施設も伴ったリゾート施設です。

IRの施設数は当面、全国3カ所と決められているので、誘致が決定すればそのうちの一つが大阪となります。

万博の誘致が決定したことで、カジノが大阪に誘致される可能性が高いのではないでしょうか。


Sponsored Links

会場の完成予想図は

大阪万博が2025年に開催されることが決定したと聞いて、どんな会場になるのか気になります。

開催地を決める博覧会国際事務局に提出された構想案の内容を見てみると

テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」
VR(仮想現実)を活用して展示や会場を楽しめたり、
インターネット上に仮想会場もオープンされる予定です。

会場は3つのエリアに分けられます。


●パビリオンワールド⇒各国のパビリオンが集まる
●ウオーターワールド⇒南側。水辺にホテルなどが建つ
●グリーンワールド⇒西側。緑地帯で来場者の憩いの場やイベント会場

おもしろいのが、会場は空から見ると幾何学的な模様のように見えるようなデザインだそうです。

ネットの声

まとめ

2019年ラグビーワールドカップ、2020年に東京オリンピック、2025年は大阪万博と日本が忙しくて嬉しい悲鳴です。

大阪万博というと20世紀少年というマンガを思い出す人もいれば、岡本太郎の太陽の塔や月の石を思い出す人もいます。

今度の大阪万博はどんな思い出ができるんでしょうか。

上のネットの声で紹介したツイートの中で
初音ミクが出る、とありましたが、これはあり得ますね!

テーマが「いのち輝く未来社会のデザイン」で、VRやインターネットを使うというので初音ミクが登場するのは自然かも。
だとしたら初音ミク、マジですごいです。

2020年の東京オリンピックが終わったら不況になる、と言われていますが2025年に大阪万博が決まったことで、景気も長く続くかもしれませんね。

大阪万博、楽しみです!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク