話題

北朝鮮が9月15日に発射したミサイルは火星12の可能性?Jアラート発令で破壊措置は?

投稿日:

9月15日午前7時に北朝鮮ミサイル発射
のJアラート(国民保護情報)が発令。
テレビのチャンネルは全部同じ画面に
なりました!
今回のミサイルの種類は?
目的はなんだったのでしょうか?

Sponsored Links

北朝鮮がミサイル発射!

テレビを見ながら三連休は台風か~

なんて思っていたら

突然現れた赤と黒の画面!

9月15日午前7時に
北朝鮮がミサイルを発射したと

Jアラートが発令されました。

東京の
テレビのチャンネルは
全部、国民保護情報の画面

映し出されました。

びっくり!

北朝鮮のミサイル発射で
テレビのチャンネルが
全部、国民保護情報になった
というのは初めてだと思います。

日本が北朝鮮のミサイルの脅威が
マジでヤバいと判断していること
がわかります。

ミサイル発射から
着水まで時系列で見ていきましょう!

ミサイル発射から着水まで

ミサイル発射の情報は韓国より
得ているそうです。

午前6時57分 ミサイル発射

午前7時 Jアラートが発令。
     ミサイル発射の国民保
     護の情報がテレビの
     全チャンネルで放送。
     警戒対象地域では、
     サイレンが鳴る。

7時6分 ミサイル通過
     国民保護情報が
     「ミサイル通過」に
     変わる。
     東北地方上空を通過
     破壊措置はなし
     

7時16分 北海道襟裳岬より
      2200キロの太平洋
      上に着水。

7時30分頃 菅官房長官が会見

現在はミサイルの分析を行っており
今後も政府から会見や発表が
されると思います。

日本の被害は現時点ではなし

ミサイルは東北地方の上空を
通過しました。

落下物や飛行機、船に被害の報告は
現在入っていません。

>>Jアラートが発令した時の避難の方法

ミサイルの破壊措置はされませんでした。



Sponsored Links

ミサイルの種類は?

韓国連合ニュースでは

今回のミサイルは
高度770キロ
飛距離3700キロ

と発表。

高度からロフテッド軌道ではなく、
通常の軌道でした。

前回、日本の上空を飛んだ
火星12号より飛距離が伸びて
います。

現在、ミサイルの種類は

火星12ではないか?
とNHKは予想しています。

>>火星12の速度と威力がヤバい!

飛距離からICBMの
火星14号の可能性も考えられます。

このあたりはまだ分析が終わって
なく、情報が錯綜しているよう
です。

わかったら追記しますね!

今回のミサイル発射の目的は?

北朝鮮は8月29日から6回目の
ミサイル発射を行いました。

前回発射された火星12号は
計画より飛距離がでなかった
のではないか?

といわれています。

そのため

9月15日に発射された火星12号の
軌道が前回と同じことから

修正で飛ばしたのではないか?
とNHKの記者が話していました。

確かに、前回の火星12号の飛距離は
計画より短かったのではないか

と、言われています。

今回のミサイルは前回より
飛距離は1000キロ
高度は200km
伸びています。

飛距離3700キロといえば

北朝鮮が以前から警告している

グアムまで届くことが証明された
ということになるため

ますますアメリカと北朝鮮間の
緊張感は高まっていきそうです。

まとめ

9月15日午前7時に

Jアラートが発令されました。

テレビのチャンネルは全部
国民保護の情報が映し出された
ことにビックリ!

金正恩氏の

これからも太平洋にむけて
ミサイル発射をする

という言葉通り、ミサイルが
日本の上空を通過しました。

飛距離も高度も伸びていることから

北朝鮮のミサイルが着々と進歩して
いることがわかります。

今後も同じように

Jアラートが発令される頻度が
高くなりそうですね。

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました☆

Sponsored Links

-話題

執筆者:

おすすめ記事

★おすすめ記事★