話題

秋の園遊会(2017)の招待者名簿が発表!赤坂御苑の日程は?

投稿日:2017年11月6日 更新日:

10月26日、2017年の秋の園遊会の
日程と招待者名簿が宮内庁より
発表されました!
どんな人が招待されたんで
しょうか?
眞子さまの婚約者の小室圭氏も
出席するのでしょうか?

Sponsored Links

秋の園遊会(2017)の日程と時間は?

秋の園遊会の日程が宮内庁
より発表されました。

日程

11月9日(木)

赤坂御苑にて行われます!

具体的な時間はわかりませんが
過去の園遊会を参考にすると

大体午後1時くらいから受付が
始まって、2時くらいに
天皇皇后陛下をはじめ
皇族の方々がお出ましに
なります。

なので、用意されたお料理を
楽しんだり、出席者同士で
歓談できる時間は限られている
ようです。

どんなお料理が出るのか?
会場の雰囲気などについては
こちらの記事をご覧ください
↓↓↓

2016年春の園遊会!招待者たちの服装や着物、式の内容もチェック!
明日2016年4月27日は 春の園遊会が赤坂御苑で 催されます! 熊本地方の震災の影響で園遊会 は中止されるの…

先日、秋の園遊会の日程を
予想した記事を書いたんですが

■秋の園遊会の予想記事はこちら

安倍総理が出席すると思われる
APECの前日の11月9日はない!

って予想したところ
見事に外れましたっ!

ごめんなさいっ!

今年のAPECはベトナムで
開催されるので、安倍総理は
園遊会に出席してから出発でも
間に合うのかもしれないですね。

今年の秋の園遊会の日程は
木曜日開催です。

平成24年から27年まで毎年
木曜日に開催されていることから

今年も木曜日!

と予想したところ
曜日は当たりました。
ちょっと嬉しいかも♪

さて一番気になるのは
どんな人が招待されたか?

ですよね~

メダリストや芸能人は
出席するのでしょうか?

招待者名簿が発表!メダリストは?

宮内庁が発表した招待者名簿では
出席者の配偶者を含めて
約2300人が招待されました。

リオパラリンピックの
競泳(視覚障害)で四つのメダルを
獲得した木村敬一選手

陸上女子400メートル(切断)の
銅メダリストの辻紗絵選手

そして
音楽プロデューサーの小室哲哉氏

も招待されています。
小室哲哉氏は奥様のKEIKOさん
も配偶者として出席するんで
しょうか?

前回の春の園遊会では
リオオリンピックのメダリストが
事前に報じられた選手以外にも
たくさん出席していたので

おそらくリオパラリンピックの
メダリストもたくさん招待されている
のではないでしょうか?

天皇皇后陛下や皇族の方々と
最前列でお話しされるんでしょうねー。

2020年の東京オリンピックでも
活躍してくださいね、って
天皇陛下に激励されたら
モチベーションあがりまくり
ですね!

この他にもたくさんの人が
招待されています。

一体どんな人が招待されるのか?
こちらも気になります。

詳しくはこちら!
過去の園遊会の記事に飛びます
↓↓↓
■園遊会はどんな人が招待される?

眞子さまの婚約者の小室圭
も出席する?と思いましたが
そういう発表はありませんでした。

園遊会の目的は
天皇皇后陛下が功労者を
ねぎらうためなので
出席はなさそうですね。

そういえば、

このハゲーーーーーーーーっ!

で世間を騒がせ、
選挙は落選した豊田真由子氏は
過去に同伴者に母親を連れて
園遊会に出席しました。

入口で配偶者以外は入れないと
関係者に言われても
さっさと会場に入ってしまった
とか。

Sponsored Links

園遊会に招待客の服装

テレビで放送される園遊会の
様子を見ると

女性は着物、男性はモーニング姿で
出席する人もいましたね。

皇族の方々は美智子さまの
服装に合わせて、和装か洋装を
決めるそうです。

春の園遊会に出席した
女性メダリストたちの
着物姿はステキでしたね~

こちらはバドミントンの
タカマツペアの松友選手。

超キレイ!

ウェイトリフティングの
三宅選手。

卓球の福原愛ちゃんもお着物で
出席しました。

雅子さまもご出席。

秋の園遊会ではどんな装いなのか
今から楽しみです♪

まとめ

秋の園遊会の日程や招待者が
発表されました。

11月9日に赤坂御苑で
開催されます。

当日は晴れるといいですね~

ちなみに、今のところ
晴れの予報です。

今の季節の赤坂御苑の木々は
少し色づいているのでしょうか?

普段は一般人が入れない
赤坂御苑のお庭を散策できる
なんていいですね~

秋の園遊会が開催されましたら
詳しい様子をご紹介しますね!

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました☆

Sponsored Links

-話題

執筆者:

おすすめ記事

★おすすめ記事★