保冷剤の効果は何時間?長持ちさせるにはアルミホイルやプチプチが有効って本当?

暑くなってきて、保冷剤を使う回数が増えつつあります。お弁当用に使ったり、タオルにまいて首に巻いたりなど。
もう保冷剤なしで夏を過ごすなんて考えられない!ってほど保冷剤は生活用品の一部になっています。
だけど、外で使うとあんなに凍っていた保冷剤があっという間に溶けちゃうことも・・・。
できることなら長く使いたいですよね。
そこで保冷剤の冷たさを長持ちさせる方法を紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

保冷剤の冷たさは何時間続く?

保冷剤は大きさや質の良さによって、持続時間もかわってくるようです。
なので、大きさ別に説明しますね!

一番小さなサイズだと、30gほどのものがあります。このサイズは、1時間半くらいしかもちません。
逆に一番大きなサイズは、1kgがあります。これは、20時間ほどもちます。大きさにより、かなり持続時間の差がありますね。
ちなみに平均的によく使われる保冷剤は、200gでおおよそ5時間持続します。

次に保冷剤の仕組みについてです。保冷剤には、ソフトとハードといった2つのタイプがあります。
ソフトはジェル状。ハードはプラスチックのような硬いものが入ったもの。
中身は大半が水です。それ以外は、高吸水性ポリマーや着色料・保存料が含まれているとのことです。



Sponsored Links

冷たさを長持ちさせる便利グッズ

保冷剤の持続時間がわかったところで、今度はできるだけ冷たさを長持ちさせられる便利なものがあると助かりますよね。
それがプチプチシート

プチプチシートとは荷物を梱包するときに割れ物などのクッション替わりに使うシートです。
子供の頃に、プチプチを1個1個つぶして遊んだ記憶、ありますよね?

このプチプチシートは不思議なもので、夏は冷える効果そして冬は温める効果を高めてくれるのです。
なぜなんでしょう?
それはプチプチシートは、水の熱が伝わりやすい素材です。
逆に空気は熱が伝わりにくいのです。
だから窓にプチプチシートをはると、その部屋にこもっている熱なり冷たさが逃げないようにしてくれます。そのおかげで、冷たさを持続できるのだと考えます。

実はプチプチシートには、表裏がありません。
荷物を梱包するときや、陶器などを包む際に使う時は表裏がないのでどちらを使っても構わないのですが、
凹凸がある部分を内側にして使いましょう。
それは凹凸がある方を外側にしてしまうと、セロテープなどではったときはがれやすくなってしまうという難点があるからです。

プチプチシートは、100円shopやホームセンターで売っています。ただホームセンターの方が、量が多めなのでこちらの方がお勧めですね。
プチプチシートを楽天でみる

アルミホイル

アルミホイルを使うことで、冷たさが持続するといわれてます。それはなぜでしょうか?
まず保冷剤は、ジェル状のものが多いです。保冷剤の中身は、ほぼ水。
それが空気にふれることにより、温度が中に入り時間と共にとけていくのです。
そんなとき、アルミホイルできっちりまくことで変わりつつあります。
なぜならばアルミホイルは、熱が伝わりやすい特徴があるからです。
だからアルミで保冷剤を包むことで、保冷剤の冷たさがより伝わるわけなのです。

まとめ

保冷剤は、種類もあり活用方法もたくさんあることに驚きました。
最近は、保冷剤だけでなくそれに付随する便利な商品があるんですね。
キャンプなどアウトドアであったり、小さな子供と公園で遊ぶときといったそのときの用途に合わせてもっていくとよいでしょう。
保冷剤の他に、アルミやプチプチシートにも冷たさを持続できる効果があるんですね。
暑い日に窓に貼ったりして、熱中症や暑さ対策に備えるようにしましょう。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク