おすすめマンガ

【zipで紹介】「ハナヨメ未満」のあらすじ、ネタバレと感想

投稿日:2015年11月17日 更新日:

Zip!のチューモークのコーナーで紹介された今話題のマンガ
「ハナヨメ未満」
まだ1巻しか出ていないのですが早くもドラマ化されるのでは?と話題です(*´ω`*)
一体どんなマンガなのでしょうか?

Sponsored Links

ハナヨメ未満のあらすじ

ハナヨメ未満

合理的でサバサバ女子のアコは友達に連れられたお見合いパーティーで知り合ったと意気投合。

結婚を間近に控えたある日、靖の父が亡くなったため葬儀に出席するために瀬戸内海の塩島へ向かいます。

靖は仕事で葬儀に出れないため、アコは一人で靖の実家へと向かいます。
実家に宿泊するアコ、靖の母たちは何とかしてアコを島に残そうとします。

一体なぜ?

ネタバレが含まれますので先に「ハナヨメ未満」がどんな話か読んでみたい人はこちらをどうぞ↓↓↓↓↓
キーワードに「ハナヨメ未満」と入力してくださいね!

スマホの方はこちら
「ハナヨメ未満」を立ち読みする

パソコンの方はこちら
「ハナヨメ未満」を立ち読みする

ハナヨメ未満のおもしろポイント

主人公のアコの合理的でサバサバしているところは読んでいて
「わかるわかるw」と思わずうなづいてしまいます(*´ω`*)

お見合いパーティーでアコは自己紹介で

「はじめまして、とりあえず付き合ってみませんか?」

と靖に言っちゃうところなんか、わかるな~(*´▽`*)
お見合いパーティーだから結婚という目的は同じなので話は早いほうがいいですよね

こんな風にサバサバしたアコの性格、好きです♪

そんな合理的なアコは結婚式なんて無駄、と思っていますがアコのお母さんは言ってみれば古風なタイプで結婚式はあげるべき派なんですね

ところがアコのお母さんは靖のことをこんな風にいいます

婚約者の靖が結婚式に乗り気でなく、家族にも紹介しないなんて結婚詐欺なんじゃないのか?!

確かに、家族に紹介されなかったり結婚式に乗り気な様子がないと親としては不安ですよね

アコは特に何も感じていなかったようですがww

Sponsored Links

お母さんの一言が気になったのか、靖の父の葬儀にアコは一人で行きます。
ここでアコって気が強い性格なのかな?って思いました。

結婚相手の家族に初対面なのに一人で行くなんて!
しかも島なので当然泊まりですよね!?

普通ならめんどくさいと思うけど、きっとお母さんの言葉が気になったのかもしれませんね

ハナヨメ未満の謎

靖は仕事があるという理由で葬儀に出席しないのですが、これはちょっと不自然ですよね?

いくら仕事でも親の葬式に全く顔を出さないというのはどうなんだろう・・・
そしてさらに謎なのが、靖の顔が出てきません!

体や後ろ姿は描かれているのですが、肝心の顔の部分にセリフがかぶさっていたり、首から下からしか描かれていなかったりと読者には顔がわからないようになっているんですね~

これは完全に作者の意図が感じられます!

なぜ顔を出さないのか?

この最初の謎でグイグイと引き込まれちゃうんですよ~(*´ω`*)

ここからはネタバレが続くので苦手な方は無料立ち読みをどうぞ

無料立ち読みはこちら↓↓↓
スマホの方はこちら
「ハナヨメ未満」を立ち読みする

パソコンの方はこちら
「ハナヨメ未満」を立ち読みする

 

ハナヨメ未満のネタバレと感想

葬儀のために瀬戸内海の塩島へ行ったアコ。
そこで、靖の母や姉妹に迎えられます。ホテルではなく靖の実家に泊まるアコ。

靖の家族は気のいい人たちなのですが、なぜかアコを東京に帰らせようとしません。

理由は靖が島に帰ってくるための人質なのでした。

普通はそこまでしないですよね(;´・ω・)

下手すれば破談です。

一体なぜ、靖はそこまでかたくなに実家に帰ろうとしないのでしょうか?

謎ですね~、なんだか文章にすると横溝正史バリのサスペンスっぽくなっちゃいましたがマンガを実際に読むとそんな感じはしないんですよね(*”ω”*)

絵がサッパリしていてかわいい感じだからかなって思うんですが、自分だけでしょうかww

この「ハナヨメ未満」はまだ完結していないので結末はわかりません。

靖はなぜ島に帰らないのか?
アコはどうなってしまうのか?
アコと靖は無事に結婚できるのでしょうか?

う~ん、気になる~早く続きが読みたい!!!!

スマホの方はこちら
「ハナヨメ未満」を立ち読みする

パソコンの方はこちら
「ハナヨメ未満」を立ち読みする
会員登録をしなくても立ち読みできますよ(*´▽`*)

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪

明日天気になーれ☆

Sponsored Links

-おすすめマンガ
-, , , ,

執筆者:

おすすめ記事

★おすすめ記事★