戸塚洋二氏の息子や家族は?プロフィールまとめ

ノーベル賞を日本人が連日受賞で、
喜びに沸いていますね!
梶田隆章氏は記者会見で
師匠の故戸塚洋二氏の名前をあげました。
2008年に大腸がんでこの世を去った戸塚氏は
ノーベル賞を2つや3つを必ず受賞するだろうと
言われていたくらいの人物でした。
そんな戸塚氏の息子さんや家族について調べてみました。

<スポンサードリンク>



戸塚洋二氏プロフィール

戸塚洋二3
生年月日:1942年3月6日
出身地:静岡県富士市

1965年 東京大学理学部を卒業後、
大学院を経て1988年東京大学宇宙線研究所教授に。
1997年からは東京大学宇宙線研究所長に就任
1998年にスーパーカミオカンデでニュートリノ振動を確認し、
世界で初めてニュートリノに質量があることを発表、
物理学界の常識をひっくり返すほどの発見だった。

2004年には文化勲章、
07年にアメリカ版ノーベル賞といわれる
ベンジャミン・フランクリン・メダル(物理学部門)受賞。
2008年には紫綬褒章他数々の賞を受賞している。

2008年7月10日 大腸がんにて66歳で逝去
大学時代には空手部の部長を務めました。

梶田隆章氏は戸塚洋二氏の弟子

梶田氏は戸塚氏が逝去した2008年より
現在の東京大学宇宙線研究所所長に従事し、
7年後の2015年にノーベル賞を受賞します。

ニュートリノに質量があることを確認したのは、
戸塚氏が率いるプ国際共同ロジェクトチームで、
梶田氏はその実験のとりまとめ役として活躍し
今回のノーベル賞受賞をしました。

<スポンサーリンク>





記者会見でチームの功績であると話していた梶田氏。
戸塚氏が生きていたら共同受賞だったのでは?の質問に対して
「はいそう思います」と答えるなど、
戸塚氏の無念を晴らす形となりました。

その戸塚氏ですが、どんな人物だったのでしょうか?
写真を拝見すると笑顔がステキですね、
奥さまやお子さんはいたのでしょうか?

続きはこちら↓↓↓

             
スポンサードリンク