話題

シンシン(上野動物園パンダ)が出産で赤ちゃんの名前や公開時期はいつ?

投稿日:

上野動物園のパンダ
シンシンが赤ちゃんを出産!
おめでたいですね~!!
赤ちゃんパンダの名前や
公開時期はいつなのか?
調べてみました!

スポンサードリンク

シンシンが赤ちゃんを出産!

6月12日正午前に上野動物園の
パンダ シンシンが出産しました!

よかったね~シンシン~

上野動物園では5年ぶりの出産です。

5年前にも赤ちゃんパンダが
誕生しましたが、6日後に肺炎で
亡くなってしまいました・・・

その時の上野動物園の会見は
本当にがっかりしていて
気の毒なくらいでした。

地元商店街も
お祝いグッズを用意していたけど
お蔵入りに。

なので、上野動物園としては
これからが大変ですよね。

5年前と同じようなことに
ならないよう、しっかり
管理することでしょう!

赤ちゃんパンダの名前は?

赤ちゃんパンダが誕生すると
気になるのは

名前♪

動物園で生まれた赤ちゃんの
名前って一般公募することが
多いですよね~

早速、
小池百合子都知事は

「お名前考えて♪」

と、シンシンとリーリーの
赤ちゃんパンダの名前を公募
する考えを示しました。

パンダ好きとしては

名づけ親になる絶好のチャンス!

それでは
いつから名前の募集の公募が
始まるのでしょうか?

まだ生まれたばかりで
上野動物園は無事に育つことに
集中していると思います。

和歌山のアドベンチャーワールドでも
パンダの赤ちゃんが誕生しており
やっぱり名前は公募でした。

その時は

生後2週間くらいで
名前の公募が始まりました。

赤ちゃんが順調に成長すれば
同じようなタイミングで
公募について発表があるかも
しれないですね。

生後2週間といったら

6月の最後の週ですね!

上野動物園の公式ホームぺージを
チェックしてみよっと♪

公募の詳細がわかりましたら
追記しますね~



スポンサードリンク

公開時期はいつ?

待ち遠しいのは赤ちゃんパンダの
公開時期!

むっくむっくのもっふもっふの
かわいい赤ちゃんパンダの姿が
見たいっっっ!

上に書いた
和歌山アドベンチャーワールドの
例をあげると

生後1か月くらいで初披露されることが
多いので

順調に成長すれば
上野動物園も同じくらいに
初披露かもしれないですね!

生後1か月というと
目が開き始める頃です。

よちよち歩きをし始めるのは
生後3か月くらい。

生後1か月だと
お母さんのシンシンに抱っこ
された赤ちゃんパンダが
お披露目されるかもしれないですね~

生後1か月というと
7月中旬過ぎなので

世間は夏休みを迎える頃♪

これは行列がすごいことに
なりそう・・・。

ちなみにパンダは暑さに弱いので
日中は動かないかも。

あ、でも赤ちゃんパンダは
元気いっぱいだから動いてくれるかな?

子供の頃、パンダを見に行ったけど
すんごい行列で立ち止まっちゃいけないため

チラッと見えたんですが

こっちに背中を向けて寝てました(笑)

それでもパンダが見れて大興奮した
記憶があります。

赤ちゃんパンダの可愛さ

動物の赤ちゃんって
ホントかわいいですよね~

その中でもパンダはまた格別!

まるでお人形のみたいだから
抱っこしたいなー

でもパンダって爪が鋭いんですよね汗

赤ちゃんのパンダの可愛さは
文字よりもやはり画像の方が
一番伝わりますよね!

ということで
赤ちゃんパンダの画像を
集めてみました~







はぁぁぁぁ、かわええ~

赤ちゃんパンダは動きも
かわいいですよね~

こちらの動画は
アドベンチャーワールドで
生まれた赤ちゃんパンダの
結浜。

上野動物園もこんな感じで
赤ちゃんパンダを公開するのかな?

楽しみ~~~♪♪♪

まとめ

6月12日の正午前に
上野動物園のパンダの
シンシンが出産しました!

赤ちゃんパンダの鳴き声を
確認して出産と判断し、

その後、シンシンが赤ちゃんを
口にくわえている画像が
公開されました。

今のところ
母子ともに健康な様子
です。

まず母乳を飲んでいるところが
確認されたら一安心ですね。

そうはいっても
5年前の出産では
生後6日で亡くなってしまった
ので、上野動物園側は
細心の注意を払うのでは
ないでしょうか。

赤ちゃんの名前を公募する
考えを小池都知事も示したので

今のうちに考えておこうかな♪

順調に成長すれば
生後1か月くらいで初披露が
あるかもしれないので

赤ちゃんの姿を見てから
考えるのもアリかも。

いや~
それにしても
無事に赤ちゃんパンダが
誕生してよかったですね~

今度はすくすくと成長
することを願ってやみません。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました☆

スポンサードリンク

-話題

執筆者:

おすすめ記事

★おすすめ記事★