小柴昌俊氏と名コンビだった戸塚洋二氏の人柄と研究への姿勢

ノーベル賞候補の最有力者ともいわれた
戸塚洋二氏は今回ノーベル物理学賞を
受賞した梶田隆章氏の師匠でした。

残念ながら2008年に
大腸ガンで亡くなってしまいます。
東京大学の大学院生時代はバンカラで、
研究者からは「鬼軍曹」と呼ばれたことも。
一体どんな人柄だったのでしょうか?

<スポンサードリンク>



血の付いた空手着を・・・

戸塚洋二4

東大で大学院時代は空手部7代目の部長だった戸塚氏。

同じ研究室で働いていた
奥さまの裕子さんによると

「血の付いた空手着を椅子にかけているような
バンカラでおおらかで楽しい人だった」

だそうです。

物理学の研究者というと、
バンカラのイメージからほど遠いので
空手部の部長を務められていたとは驚きですね

しかし血の付いた空手着って・・・なんかカッコイイ

奥さまの裕子さんと並ぶと
身長の差があることから、
当時は背が高くてがっしりした体型だったんでしょうね

戸塚洋二2
出典:http://www.joyoliving.co.jp/

ちなみに東大の空手部って結構強く
今年の夏の全国大会では団体戦で優勝を果たしており、
個人戦では上位入賞の選手がゴロゴロ、
まさに文武両道!

「鬼軍曹」と呼ばれた徹底した研究姿勢

スーパーカミオカンデを使った実験では、
日米100人の研究者を率いた戸塚氏。
問題点を徹底的に解明し、妥協を許さない研究姿勢
「鬼軍曹」と呼ばれるほどでした。

2002年にノーベル物理学賞を受賞した
小柴昌俊氏の愛弟子であった戸塚氏。

1983年から小柴教授のカミオカンデの実験に参加。
頭角をあらわしサブリーダーになり、
小柴教授が退任後の87年には実験の代表者になります。

明るくプラス思考の小柴教授と、
内向的で慎重でマイナス思考の戸塚氏は
絶妙のコンビだったのですが、
リーダになってからは几帳面で内向的な性格を
明るいプラス思考に変えていくのに苦労したそうです。

もともとは豪放磊落で明るい性格のようでしたが、
研究となると性格も変わるほど
慎重だったんですね(*´ω`*)

<スポンサーリンク>



そんな戸塚氏は小さいころは好奇心旺盛
物を壊しては作り直すということを
繰り替えてしていたそうです。

結婚して奥さまはそんな戸塚氏の好奇心のせいで
あるものを分解され困ってしまうというエピソード
はすっごくほほえましいです(*´ω`*)

続きはこちら↓↓↓

             
スポンサードリンク
             
            
2015年10月7日 小柴昌俊氏と名コンビだった戸塚洋二氏の人柄と研究への姿勢 はコメントを受け付けていません。 ノーベル賞 話題