前田浩(崇城大学)がノーベル賞候補に!DDSとはどんな研究?

アメリカの情報会社より
今年のノーベル賞の候補予想に
日本人3人があげられました。
その中の一人が崇城大学DDS研究所
特任教授の前田浩氏です。

<スポンサードリンク>



前田浩氏の経歴は

前田 浩(まえだ ひろ)

%e5%89%8d%e7%94%b0%e6%b5%a9

1938年生まれ
今年80歳になる前田浩氏は
兵庫県生まれです。

1962 東北大学農学部食糧化学科卒業
1964 カリフォルニア大学Davis 校 大学院修了(R.E. Feeney教授)
1968 東北大学大学院 博士課程修了(医学博士/農学博士)(指田 名香雄 教授)
1968 ハーバード大学癌研究所 主任研究員(シドニー・ファーバー教授)
1971 熊本大学医学部微生物学講座 助教授
1981 熊本大学医学部微生物学講座 教授
2004 熊本大学退官、同 名誉教授
2005 崇城大学薬学部 教授
2011 崇城大学DDS研究所 特任教授

同じくノーベル賞候補と予想される
松村保広氏との出会い
熊本代が宇医学部微生物学講座 教授のころ。
松村氏は助手でした。

>>松村保広がノーベル賞候補に!受賞の可能性は?

そして1986年にEPR効果を提唱します。
この30年以上前の研究が
功績をあげ、ノーベル賞候補と
いわれることになります。

前田浩氏の受賞歴は

・米国サンアントニオ市名誉市長
・米国オクラホマ州名誉州民(スマンクスによる肝癌の治療により)
・連合王国オックスフォード大学リッチフィールド記念講演
・日本細菌学会浅川賞賞(同学会の最高賞)
・97年 高松宮妃癌研究基金学術賞
・ドイツ連邦共和国E.K.Frey-E.Werle財団 Commemorative Gold Medal
・米国Controlled Release Society
・2003年 Nagai Innovation Award for Outstanding Achievement
・王立英薬学会Life Time Achievement Award
・CRS College of Fellows Award
・西日本文化賞
・日本DDS学会 永井賞
・2011年 日本癌学会 吉田富三賞(同学会の最高賞)
・熊日賞
・2016年 トムソン・ロイター引用栄誉賞

今回トムソン・ロイター引用栄誉賞を受賞したことで
ノーベル賞の候補と予想されました。

このトムソン・ロイター引用栄誉賞とは
過去20年以上にわたる学術論文の被引用数に基づいて
上位0.1パーセントの研究者の中から選ばれます。

ノーベル賞の受賞者として予想され
毎年、ノーベル賞の前に発表されます。

ノーベル賞の受賞候補の予測は
単純ではなく様々な因子を鑑みて
予測されるそうです。

ノーベル受賞の可能性は?

%e3%83%a1%e3%83%80%e3%83%ab

実際、トムソン・ロイター引用栄誉の
受賞者はどれくらいの確率で
ノーベル賞を受賞したかというと・・・

ノーベル賞の確率はそんなに高くなく
wikipediaによると14%だそうです。

そうはいっても
過去に

IPS細胞の研究で山中伸弥教授
青色LEDの発明の中村修二氏
過去にトムソン・ロイター引用栄誉賞を
受賞しています。

反対に、
トムソン・ロイター引用栄誉賞を
受賞してもノーベル賞を受賞していない人も
いるのは確かです。

ただ、一つ言えるのは

ノーベル賞の可能性はあるといえます。

そして
トムソン・ロイター引用栄誉賞を
受賞したことで

すばらしい研究者が日本にいて
その研究が臨床化されることで
多くの人々の命が救える、
ということが広く知られるように
なりました。

<スポンサーリンク>



前田浩氏の研究 DDSとは

国立がんセンター研究所の
松村保広氏とともに熊本大学 教授時代に

EPR効果の発見をしました。

EPR効果とは
固型がんのピンポイントミサイル療法の基本概念の
こと
だそうです。

む、難しい・・・

前田宏氏の研究 DDSとは
ドラッグデリバリーシステム(DDS)
いって
薬の効用を高める一方で薬の量や投与回数、副作用を軽減
することができます。

副作用が軽減されると患者負担が少なくなりますね。

まとめ

ノーベル賞受賞候補に予想されている
前田浩氏について調べてみました。

研究内容は難しいですが

わかりやすくいうと

治療薬をピンポイントで
がん細胞に送り込むことで効果が高まり、
さらに、正常な細胞に対するダメージが少なくなるため
副作用も少なくなる
のだそうです。

抗がん剤治療は2度としたくない、と
思う患者さんが多いように
副作用がキツイと聞きます。

効果が高く副作用が
少ない、といった抗がん剤が
治療薬として使われるように
なったら、患者さんたちや
その家族はとても喜ぶことでしょう。

そのためにはノーベル賞を
受賞することでその研究が
広く知られて臨床化が
加速するのではないででしょうか!

2016年のノーベル賞は
10月3日より各賞ごとに順次発表されます。

前田浩氏と松村保広氏のノーベル賞受賞が
楽しみですね!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました☆

             
スポンサードリンク
             
            
2016年9月25日 前田浩(崇城大学)がノーベル賞候補に!DDSとはどんな研究? はコメントを受け付けていません。 ノーベル賞 話題