【三島由紀夫賞】蓮實重彦さん記者会見が塩対応すぎると話題に

「伯爵夫人」という小説が三島由紀夫賞を受賞した蓮實重彦(はすみしげひこ)さん
記者会見で「受賞ははた迷惑」と不機嫌なご様子w

記者の質問に「お答えしません」「馬鹿な質問はやめていただけますか」と、塩対応すぎると話題ですw

一体どうしてそんなに不機嫌なのでしょうか?



スポンサードリンク

蓮實重彦さんは元東大の総長!

三島由紀夫賞
1936年生まれの80歳
フランス文学者で映画評論家。
第26代東京大学の総長でした。退任した2001年に東大名誉教授になりました。

30歳の時フランス留学で知り合ったベルギー人の奥さまと息子さんの蓮實重臣さんはミュージシャンです。

1977年41歳の時の小説「反=日本語論」が読売文学賞を受賞しています。


▶amazonはこちら

そして、「伯爵夫人」で三島由紀夫賞を受賞。
著書は数多くありますが、小説だけでなく映画や文芸評論が多いですね~

記者会見で塩対応すぎると話題に

記者会見が始まってすぐに、パンチがw

司会「三島賞のご受賞が決まったお知らせを受けてのご心境をお願いします。」

蓮實さん「ご心境という言葉は私の中には存在しておりません。ですからお答えしません」

冒頭のこのやりとりを聞いて、記者さん達ざわついたでしょうね~(*´ω`*)
先頭をきって質問した記者さん、質問が長すぎると指摘されるも、引き出せた答えは

蓮實さん「お答えいたしません」
記者さん「・・・・」

活発に質問がでず、沈黙が流れる記者会見場・・・

この後も記者たちの質問に

「お答えしません」
「質問ならば簡単におっしゃってください」
「ありません」
「馬鹿な質問はやめていただけますか」
「何をお聞きになりたかったのでしょうか?」
「私を不機嫌にさせる限りの質問ですのでお答えしません」

と、バッサバッサと塩対応すぎる答えがw
重い空気が流れる会場

この場に新人記者さんがいたらトラウマレベルかもしれません。

一体なぜそんなに不機嫌なのかは記者の質問で明らかになりました。
記者さん、GJ!



スポンサードリンク

蓮實さんが記者会見で不機嫌な理由とは

文学賞受賞は喜ばしいことのはずなのに、あまりの塩対応に記者も「おめでとうございますといってもいいものか・・・」と
ためらっており、受賞は喜んでますか?の質問に

蓮實さん「まったく喜んではおりません。はた迷惑なことだと思っています。80歳の人間にこのような賞を与えるという事態が起こってしまったことは、日本の文化にとって非常に嘆かわしいことだと思っております。

もっともっと若い方、私は、順当であればいしいしんじさんがおとりになるべきだと思っていましたが、
今回の作品が必ずしもそれにふさわしいものではないということで、選考委員の方がいわば、蓮實を選ぶという暴挙に出られたわけであり、その暴挙そのものは非常に迷惑な話であると思っています」

と、答えています。

三島由紀夫賞は
「文学の前途を拓く新鋭の作品」
に与えられる賞なので、作品に若々しさが求められるってことのようです。

その三島由紀夫賞を最高齢で受賞した蓮實さん。

もっと若い人が受賞すべきだ、と思って不機嫌だったようですね。

しかし、選考委員は蓮實さんの作品を選んだということは、
今回は作者の年齢と作品の若々しさがマッチしていなかったってことなのでしょうか?

これが芥川賞だったら、納得したのかな?と思ったけど

蓮實さんご本人は受賞作品の「伯爵夫人」は傑作ではない、と自分の作品なのにバッサリw
なので、たとえ芥川賞を受賞してもうれしくないのかもしれないですねww

記者の
「それならなぜ候補を辞退しなかったのか?」
の質問に

「なぜかについては一切お答えしません。お答えする必要ないでしょう」

と、またもやバッサリ・・・

取り付く島もないとはこのことか!といった感じの答えですね^^

記者会見の様子はこちら♪

面白すぎる80歳、蓮實重彦さんの三島由紀夫賞受賞時の会見(19分49秒)

ものすごい重厚感
蓮實さんの話し方から天才なんだなって思いました。

緊迫した記者会見で、質問した記者さんたち凹みますね~これは

でも記者の質問にも蓮實さんを不機嫌にさせるものがあるのかな?と。

受賞の連絡はどこでどんな風に聞きましたか?

受賞作品を書こうと思ったきっかけは?
などで作品についての質問がなかったので

記者に「作品についての質問はありませんか?」と問いかけたら

「何について書いたんですか?」

と質問される始末・・・

「女性に受けがいいはずなんですがね」と返したところで
質問した女性記者が作品をちゃんと読んでないことがわかっちゃったw

最後まで噛み合わない記者会見という印象でした・・・

受賞作の「伯爵夫人」は、戦争の始まる前に出会った学生と伯爵夫人という設定なので
なんとなく想像できる背徳感とエロスww

それを元東大総長の蓮實さんが書きあげたってところが興味ありますね~

こういう記者会見じゃなかったら、興味はわかなかったと思うので
あの会見である意味正解だった?

さてさて、これを最後まで読んでいただいた読者の皆さまはどうでしたか?

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました☆

          

スポンサードリンク

            
2016年5月22日 【三島由紀夫賞】蓮實重彦さん記者会見が塩対応すぎると話題に はコメントを受け付けていません。 話題