芸能・スポーツ

藤田龍雅(ハンドボール)が日本代表へ!プロフィールと家族は?

投稿日:2015年10月20日 更新日:

2020年に開催される東京オリンピック
スポーツをやっている子供たちにとって
オリンピック選手になることは夢ですよね♪
そんな夢を叶えつつある男子ハンドボール
大型ルーキー藤田龍雅が、
あの宮崎大輔からスゴ技をマンツーマンで
伝授される密着取材がNHKで放送されます♪
日本代表の可能性大の藤田龍雅を調べてみました!

Sponsored Links

藤田龍雅のプロフィール

藤田 龍雅(ふじた りゅうが)
龍雅

生年月日:1999年4月5日生まれ
身長:171センチ、体重67キロ
出身地:東京都東村山市
出身校:東久留米西中学校→法政大二高等学校在学
家族構成:父、母、弟二人
日本ハンドボール協会2014年度年代別育成選手(中学生は3人)

藤田選手、かなりのイケメンですね~
ニコニコと人懐っこい笑顔が印象的です♪

藤田龍雅選手がハンドボールを始めたきっかけは?

もともと運動神経抜群の藤田龍雅選手。
小さいころはサッカー選手になりたかったそうですが、
小学生になると空手を習い始めます。

この空手でも持前の運動神経を発揮して大会で優勝する
などしていたそうです。

そして、転機が訪れたのは小学三年生のころ。
母親のすすめでハンドボールを始めると、
ハンドボールの魅力のとりこになった藤田選手。

お母さんがハンドボールをすすめのが
きっかけなんですね!

当時すごい人気だった宮崎大輔の
ファンだったのかな?

すっかりハンドボールの魅力にはまった
藤田選手は
今ではヒマさえあればテレビを独占して、
自分の試合ビデオや海外の試合を見まくり
研究に余念がないとか。

3人兄弟ですからテレビが見れない~と
弟達や家族から文句を言われているようです(*´ω`*)

そしてメキメキと頭角をあらわし、
中学は女子U16の監督である尾石智洋教諭がいる
東久留米市立西中学校に越境入学しました。


Sponsored Links

中学2年生で全治4カ月の大ケガ!

藤田龍雅選手は中学2年生の頃、
腰を負傷して全快まで4カ月かかりました・・・

ケガの原因は皮肉にも

技術の高さ

14歳の体に負担がかかり腰を痛めてしまったのだそうです。
技術の高さに体が追い付かなかったってことなんでしょうか・・・

ハンドボールが大好きな藤田龍雅選手にとって、
動きたくても動けない4か月間。

つらかったことと思います。
スポーツ選手にケガはつきものですが、
4か月もハンドボールができないのは
不安だったことと思います。

そんな藤田龍雅選手は復活後は
ものすごい活躍をすることに!

復活後の大会で優秀選手に選ばれた理由がヤバイ

ケガから復帰した藤田選手は2014年中学3年生のときに
全国大会でチームを準優勝に導きます。

チームを準優勝に導いた藤田選手は優秀選手に
選ばれます。

その理由がヤバい!

チーム得点35点のうち18点が藤田選手の得点でした!
これは大会最多得点!

一試合で18点は自己最高の記録でもあり優秀選手に選ばれます。
優秀選手に選ばれたのは得点だけではないと思いますが、
18点はハンパない!

藤田龍雅選手はその年の
第23回JOCジュニアオリンピックカップ2014ハンドボール大会で
東京選抜に選ばれて活躍。

この大会でも優秀選手に選ばれます。
日本ハンドボール協会2014年度の
年代別育成選手
にも選ばれています。

東京オリンピックの日本代表候補
いってもいいくらいですね!

ハンドボール強豪の法政二高に進学

高校はハンドボール強豪校の法政二高に進学した藤田選手。
一年生にしてレギュラーに!
今年2015年の夏のインターハイでは大活躍

準決勝で同点ゴールを決め、
さらに延長戦では決勝点を決めて
チームは
29年ぶりの決勝戦進出!

残念ながらチームは準優勝でしたが、
この大会では藤田選手の存在感は
大きな爪痕を残したといってもいいでしょう。

藤田選手のすごさとは?

ここぞという場面でシュートを決めることのできる
藤田龍雅選手の強みは、

シュート力だけでなく
あっという間に相手選手と味方の位置を把握し
試合の流れを読む力を持っている

中学時代、顧問の尾石先生は

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e5%b0%be%e7%9f%b3

「判断力は世界でも通用する」

と大きく評価していました。

Sponsored Links

NHKでの密着取材では宮崎選手も認めた実力

NHKでの密着取材では普段の学校での練習風景や
先輩や仲間が藤田龍雅選手のことを語っていました。

まだ高校一年生

やんちゃ盛りみたいですね♪

日本ハンドボール界をけん引する宮崎大輔相手でも
ガチガチに緊張した感じもなく
リラックスした雰囲気の藤田選手。

大物になる予感です(*´ω`*)

番組では宮崎大輔選手からシュートや
フェイントを教えてもらっていました。

ハンドボール 宮崎大輔 &藤田選手 めざせ!2020年のオリンピアン

そこでも藤田龍雅選手のセンスが輝きます

宮崎選手でも習得するまでに時間がかかったことを
あっという間に会得してしまうその身体能力の高さは圧巻でしたね~

東京オリンピックが開催される2020年には大学2年生になる藤田選手。

その藤田選手に宮崎選手は熱く語ります。

「『日本人 相当身長低っ』って言われても俺らの機動力、
スピードからクィックシュート!
めちゃくちゃ速えぇ みたいな」

「頑張ろうぜ」と言って
宮崎選手は藤田選手に握手を求めます。

オリンピック出場を固く決意している宮崎選手と
これからますます成長していくだろう藤田選手が同じコートに立って
大きな外人選手を翻弄させる試合、見たいですね!

そのために毎日お弁当に2キロの白飯を食べなければならない藤田選手。
番組では、キツイとため息をついていました(笑)
体つくりが成功したら、鬼に金棒かもしれません(*´ω`*)

宮崎選手からマンツーマンで学んだことでますます活躍が期待されます

藤田龍雅選手にこれからも注目です!!!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪

Sponsored Links

-芸能・スポーツ

執筆者:

おすすめ記事

★おすすめ記事★