睡眠不足は精神に深刻な影響を与える!見直そう睡眠の質

あなたは夜ぐっすり眠ることができますか?
夜中に何度も目がさめるため睡眠不足だ・・・なんてことありませんか?
睡眠不足は体にも精神にも深刻な影響を与えます。
睡眠の質を変えるだけでぐっすりと眠ることができますよ

<スポンサードリンク>



睡眠不足が体や精神に与える影響は

体に与える悪影響
人間にとって睡眠とは欠かせないものです。
徹夜あけは微熱が出たり、体やだるく、ぼんやりして考えることができなくなります。

脳が休んでいないので、思考力や判断力、集中力が欠けてしまいます。

一時的な睡眠不足ではなく、3時間しか寝ていない日が続くといった継続するとストレスを受け、免疫力が低下します。

免疫力が低下すると、アレルギーの症状が悪化しやすくなる、風邪をひきやすくなる、インフルエンザに感染しやすくなる、ガンになりやすくなるといった病気になりやすい体になってしまいます。

・肌荒れ
・口臭がする
・太る
・免疫力が低下する
・注意力、判断力が落ちるため交通事故を起こしやすい

自分の場合は、睡眠不足が続くときまってニキビができたり、鼻炎になりましたw

<スポンサーリンク>




精神に与える悪影響とは
睡眠不足が続くと心に余裕が持てなくなります。
そのために、感情のコントロールが効かなくなり些細なことでイライラしたり怒りっぽくなります。

うつ病のリスクが高くなる。
睡眠不足により、イライラや気力の低下が生じます。

睡眠不足が5日以上続くと、脳は強いストレスを感じるようになる。
脳にとって睡眠はストレス解消なんですね

よくストレス解消法を聞くと
「よく寝ること」
と答える人って多いですよね~

どうしたらぐっすり眠れるのか

一時的な睡眠不足なら寝れば解決します。

ところが、
・寝つきが悪い
・寝ても夜中に何度も目が覚める
・眠りが浅い
・眠れない

というように睡眠に何かしらの不具合が起きている人の場合は深刻です。

睡眠不足による思考力や判断力、気力に低下により仕事に影響を及ぼすこともあります。

うつ状態や、うつになることもあります。

しかし、睡眠の質をかえることで睡眠不足が解消されることがあるんです。

             
スポンサードリンク