インフルエンザ予防接種後に腕が痛い理由と副作用について調べてみた!

毎年冬になると
インフルエンザが流行しますね~
予防接種を受けるとメリットがありますが、
接種後腕が腫れたり熱が出るなどの
副作用(副反応)が出ることもあります。
特に多いのが
腕が腫れてかゆくなったり痛くなったりすることです。
一体どうしてそんなことになるのでしょうか?



スポンサードリンク

予防接種の副作用

インフルエンザ

インフルエンザだけではなく、
予防接種はその病気の免疫を作らせるため
発症しない程度にコントロールされたウィルスを体内に入れます。

インフルエンザのワクチンは
不活性ワクチンといって
死んだウィルスのため、
予防接種をしても発症することはありません。

このように安全にコントロールされている
インフルエンザワクチンですが、
多かれ少なかれ副作用(副反応)が
生じることがあります。

この副作用の中には、
腕が痛い、腫れるなどの軽いものから
アナフィラキシーショックのような
重篤な副作用もあります。

過去にはインフルエンザの
予防接種後に死亡した例もあります。

詳しくはこちらをどうぞ↓↓↓
>>インフルエンザの予防接種後の体調不良について

予防接種をすることで
そのインフルエンザに対する
抗体ができることで、

インフルエンザにかかっても
症状がでなかったり、
軽くなるなら予防接種を
受けておきたいと思いますが、
副作用が出るとなると怖いですね

軽いといっても副作用は不快な症状ですよね

インフルエンザの予防接種をすると
どうして腕が痛くなったり、
腫れたりかゆくなったりするのでしょうか?

予防接種後に腕が痛くなる原因は?

インフルエンザの予防接種の副作用で
最も多いのが

腕の腫れ、かゆみ、痛み

です。

しかし、この副作用は軽い方で接種した人の
10%~20%の割合で生じます。

人によっては予防接種をすると毎年腫れる
といった人もいるくらいです。


腕が痛い、腫れるといった副作用の原因は
一種の皮膚のアレルギーの症状
一般的には2~3日でひきます。
(個人差があります)

皮膚アレルギーについてこちらに記事まとめました
>>皮膚アレルギーとは

かゆいからといって
かいてしまうと
腫れがぶり返したり熱を持ったりします。
保冷材で冷やす
などしてなるべくかかないようにしましょう。

腫れ方も接種した場所が腫れるだけならいいのですが、
体調によってはいつもより腫れ方がひどく、
上腕部全体など広範囲に及ぶ、
じんましんが出てきた

など、おかしいなと感じたらすぐに病院に行きましょう



スポンサードリンク

副作用は毎年くりかえすの?

インフルエンザの予防接種は
体内にできた免疫が半年くらいで消滅してしまうため、
毎年接種が必要となります。

予防接種をして腕が痛くなったり
かゆくなったり腫れたことがある人は、
毎年そのような副作用がでやすいようです。

予防接種をするたびに腕が腫れたり痛くなったりするのって
イヤですよね~

副作用がイヤで予防接種を受けたくない!
という人もいると思います。

インフルエンザの予防接種は
感染を防ぐことはできません。
それじゃ意味がないと思うかもしれませんが、

予防接種をしておくとインフルエンザにかかっても
症状がでなかったり、出ても軽くすむ
ことが多いのでやっぱり予防接種はしたほうがいいと思います(*´ω`*)

過去にインフルエンザに感染したのですが、
予防接種をしておいたので
熱が38℃くらいと倦怠感くらいで済みました。

予防接種のなかった新型インフルエンザのときは
高熱と激しい筋肉痛で一度横になると動けなくなるくらい・・・汗

歩くのもやっとで食欲もなく、熱でうなされるし
本当につらかっですね~
熱がさがっても
体力が回復するまで時間がかかったのを覚えています。

過去にかかったインフルエンザのときは
予防接種をしておいたので何日も寝込むこともなく、
高い熱が出なかったので体力の回復も早かったです。

予防接種をしておいてよかった~
と思いましたね(*´ω`*)

このように予防接種には症状を軽くする効果があります。

副作用が出て接種にどうしても抵抗がある、
という人は医師に相談してみてはいかがでしょうか

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪

          

スポンサードリンク