インフルエンザ

インフルエンザのA型B型の症状とは?風邪との違いまとめ

投稿日:2015年10月27日 更新日:

朝起きたらなんとなく調子がおかしい、
そのまま学校や会社に行くと熱が出てきた!
インフルエンザなのか風邪なのかどっち?
って思いますよね~
インフルエンザと風邪の症状の違いがありますよね
インフルエンザの型ごとの症状を調べてみました!

スポンサードリンク

インフルエンザA型の症状と特徴

インフルエンザ10

インフルエンザA型の症状は特徴があります。
その特徴の一つに急に高熱が出ることです。

風邪の症状は微熱から比較的ゆっくりと熱があがっていきますが、
インフルエンザは
熱っぽいなと思って体温計で測ると38℃以上だった、
ということがよくあります。

熱があがりきるまではガタガタと震えるくらいの寒気
を感じます(悪寒)
その様子は
寒い寒いといって歯がカチカチとなるくらいの震え!

けれども熱が高熱になると
パタッとおさまります。

関節痛や筋肉痛もインフルエンザの特徴的な症状です。
症状が出ると熱がさがるまでは寝込んでしまうほど、キツイ症状にみまわれます。

こういった症状が出てくることと、周囲にインフルエンザに感染した人がいなかったかどうかを思い出してください。
インフルエンザは感染力が強いので、近くに感染者がいてこのような症状が出た場合は、インフルエンザに感染している可能性が高いと考えられます。

病院に行くと、周囲にインフルエンザの感染者はいないか?と聞かれることから、
家族や職場や学校、友人などに感染者がいるかどうかが見極めのポイントになります。

風邪との違い見極めポイント

①急に38℃以上の熱が出た
②悪寒がする
③関節痛や筋肉痛がありとてもだるい
④周囲にインフルエンザの感染者がいた

インフルエンザは感染力が強いため、咳エチケットを心がけましょう。

咳エチケットについてはこちらの記事が参考にどうぞ!
>>咳エチケットについて

インフルエンザにはA、B、Cと3つの型があり、それぞれウィルスが違います。
毎年流行するのはA型とB型で、予防接種にはA型とB型のウィルスに対して作られています。
それではB型とC型はどんな症状なんでしょうか?
特に聞きなれないC型が気になります。


スポンサードリンク

インフルエンザB型の症状は風邪と間違いやすい

B型は発熱、咳、のどの痛みや胃炎、下痢など主に気管支と消化器に症状が出ます。
A型と同じ症状の場合もありますが、A型より軽い症状の場合もあります。

喘息の人はB型に感染すると、喘息の症状が悪化することも!

風邪によく似た症状のB型ですが、熱がさがらないなど風邪とは違った症状もあります。
風邪の場合、3日目くらいから熱がさがりまじめますが、
インフルエンザB型はなかなか熱がさがりません。

流行時期は2月~3月でインフルエンザA型の流行が落ち着いたころ、B型が流行する傾向にあります。

今年から予防接種が変わり、今までB型については1種類のウィルスしか含まれていませんでしたが今年から2種類のウィルスが含まれています。

予防接種をすると感染しても発症しない、発症しても軽く済みます。

風邪との違い見極めポイント

①熱がなかなか下がらない
②症状がぶり返す
③周囲にインフルエンザの感染者がいた

インフルエンザB型の注意点
症状が軽い場合は風邪と勘違いして重症化したり、インフルエンザと気が付かずに感染を広げてしまうことがあります。

冬に風邪の症状が出た場合は、まずインフルエンザを疑ってみてください!
そして、早めに医療機関に行きましょう。

インフルエンザC型の症状は?子供は注意!

あまり聞き覚えのないC型、インフルエンザってAとBだけかと思ってましたがC型ってあるんですね、知りませんでした(;´・ω・)

このインフルエンザC型はウィルスが変異しにくいことから一度感染すると免疫ができるため、2度と感染しないといわれています。

C型はA型やB型のように大きな流行にはなりませんが、5歳以下の小さな子供はかかりやすいため注意が必要です。
インフルエンザC型の症状

・鼻水がたくさんでる
鼻風邪の症状に似ているのでインフルエンザとは気が付かないことがあります。

インフルエンザの予防接種にはC型のウィルスは含まれていないので、感染しない環境作りが大事です。

帰宅したら手洗い、うがいは小さい頃から習慣づけましょう

正しいうがいの仕方

子供はうがい薬のニオイや味が苦手と感じる場合があるので、殺菌効果のあるカテキンが含まれている緑茶や紅茶でうがいをするもおススメです。

我が家は毎年冬になると濃いめの緑茶をペットボトルに入れて洗面所に置いています。
手洗い、うがいの他には部屋を乾燥させないなど色々あります。

こちらの記事にまとめたので参考にどうぞ♪
>>インフルエンザの感染を防ぐ、知っておきたい予防法

まとめ

インフルエンザにC型があるのは知りませんでしたね~
流行しないことから認知度は低いですが、症状は鼻風邪に似ているのと一度感染すると2度と感染しないのでひょっとしたら過去に感染したかもしれませんね(*´ω`*)

インフルエンザも型ごとに症状が違いますね。
なんか調子わるいな~と思ったら自己診断せずに、早めに病院に行くことをおススメします!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪

スポンサードリンク

-インフルエンザ

執筆者:

おすすめ記事

★おすすめ記事★