おすすめマンガ

「さぁ、ラブの時間です!」小杉可南子作 1巻のネタバレと感想

投稿日:2016年8月4日 更新日:

またまたおもしろいマンガ発見~♪
小杉可南子作「さぁ、ラブの時間です!」(*´ω`*)

IQ180頭脳明晰エリート官僚で上から目線だけど女にうとい酒盛はじめと
ファッション誌ライターの小川瑞木が主人公。

ストーリーはエリート官僚で出世街道まっしぐらの酒盛はじめがひょんなことから瑞木から恋愛指南を受けることに。

ミイラ取りがミイラになるといった流れなんだけど、お堅いエリートが瑞木の前になると制御できなくなるところとか面白くてツボりますww

この二人このまま結ばれるのかなーと思いきや・・・

この先はネタバレありなので、ご注意です(*´ω`*)

スポンサードリンク

「さぁ、ラブの時間です!」1巻のネタバレ

ラブの時間1

ネタバレが含まれますので先に「さぁ、ラブの時間です!」がどんな話か読んでみたい人はこちらをどうぞ↓↓↓↓↓
キーワードに「さぁ、ラブの時間です!」と入力してくださいね!

スマホの方はこちら
「さぁ、ラブの時間です!」を立ち読みする
パソコンの方はこちら
「さぁ、ラブの時間です!」を立ち読みする

エリート堅物の酒盛と瑞木はトントン拍子に結ばれるかと思ったら・・・

なんと酒盛は別の女性と結婚してしまいます。

失ってみて初めてわかる大切さ。
結婚したのに瑞木を追いかける酒盛はじめ。

大バカものですね♪

まだ完結していないので、次から次と出てくる登場人物にいったい2人はどうなるのか?
とワクワクさせてくれる「さぁ、ラブの時間です!」

スポンサードリンク

「さぁ、ラブの時間です!」1巻のネタバレ~出会い~

IQ180頭脳明晰で金融庁に勤めるエリート官僚の酒盛はじめに足りないスキルは女性の扱い。
上司はそれを見抜いたのかファッション誌の取材を受けるよう酒盛はじめに命じます。

はじめも出世街道を歩んできて28歳になり、そろそろ自分の遺伝子を残すこと=結婚を意識し始めるところから物語は始まります。

結婚を自分の遺伝子を残したいと言うところから、酒盛はじめがどんな男か想像がつきますね~

そうです、そういう男なんですww

取材で出会った小川瑞木と酒盛はじめは偶然にも同じマンションに住んでおり、これまた偶然にも取材当日にバッタリとマンションで会います。

瑞木は取材で酒盛が答えた結婚する女は25歳までといった言葉や(瑞木は26才)、酒盛の自信満々な態度に小バカにされた上に、この世のすべてを見切ったような態度に腹を立て

「あのエリートの顔がゆがむのを見てやりたい!」

そんな気持ちで取材の確認という口実をつけて酒盛の部屋を訪れます。

そして転んだフリをして押し倒してしまうのです!!

25過ぎたら女じゃないという酒盛に自分が女だということを認めさせようと押し倒したまま瑞木は離れようとしません

そんなんあるかw

って感じの展開ですが、普通は痴女扱いされそうなもんですが女性と付き合ったことのない酒盛はなすがままw

このとき、それ以上発展することはなかったのですが、瑞木は嫁候補が現れるまで、恋愛指南をすると提案し酒盛はそれを受けることになったのでした(‘ω’)

後日、雑誌にのった酒盛はじめの特集は瑞木の予想とは違い読者である独身女性たちから反響が寄せられ暴君様というニックネームまでつけられる始末に。

それを伝えるという口実で酒盛の部屋を訪れた瑞木

なんと二人は勢いで動物のようにエッチしてしまいます!

ラブの時間2

5話ですでに二人は関係をもってしまうなんて、展開早すぎですね~(*´ω`*)
この辺は1巻の読みどころの一つです!

瑞木と動物のように本能のまま服を着たままエッチをしたことが酒盛にとっては驚きでした。
(この服を着たままというところが伏線なんですね~)

が、もっと驚きだったのは女性の裸体をみると気分が悪くなる自分が女性とエッチができた事実であり、男だということが立派に証明されたと安堵するのでした。

なぜ酒盛は女性の裸体に嫌悪感を抱くのか、その理由は後々明かされます。
瑞木とエッチした翌日、なんだかいつもとは違う酒盛。
昨日のことを思い出すだけで動揺し、会社に出社したことも気が付かないくらいうわの空ww

その後、酒盛は東大の同級生と飲んだ時に童貞喪失がバレてしまいます。
そして友達のアドバイスを受け、

「初めての女ってそんなに引きずるのか?」

と疑問に思うのでした。

男性にとって「初めての女性」は引きずるのか?

実際、これは本当らしいですよ♪
かなりのめりこむらしいですw

果たして堅物エリートの酒盛は初めての相手、瑞木にのめりこんでしまうのでしょうか?

「さぁ、ラブの時間です!」をマンガで読むならこちらから↓↓↓
キーワードにタイトル名を入力して検索してくださいね~
スマホの方はこちら
「さぁ、ラブの時間です!」を立ち読みする
パソコンの方はこちら
「さぁ、ラブの時間です!」を立ち読みする

酒盛と瑞木の運命に歯車が狂うとき~小夜子との出会い~

酒盛の前に雑誌の特集を見た女子社員が近づきます。
これがその後結婚することになる小夜子です。

若くてグラマラスなセクシー体型でありながら童顔の小夜子。
小夜子は自分の魅力を知っているため、男性が落ちるツボを知っています。

典型的な同性に嫌われるタイプですね~ww

小夜子は、大した用もないのに酒盛の席を訪れて、印象つけようとしますが失敗

仕事のことを教えてほしいと酒盛と週末会う約束を取り付けます。
それを間に受けて、週末TPPの説明をする酒盛。

小夜子の目的はTPPを理解することではなく、酒盛を落とすことでした。
告白する小夜子に一度は断ろうと思う酒盛でしたが、瑞木のアドバイスを思い出し忙しくない時なら、とOKします。

その報告を受け「どうやって付き合えばいいのか教えてほしい」と頼られた瑞木はモヤモヤ。

そりゃそーですよね、勢いとはいえ酒盛とは2回エッチした関係です。
2回目は事が終わった後に酒盛は瑞木に

「あんた、俺と結婚するか?」

と気持ちのないプロポーズをして瑞木を激怒させています。

その翌日に彼女を作ってしまうなんて・・・

頭に来た瑞木は「わからなければ相手に聞けばいい」と、言い自分の役目は終わったと
恋愛指南役を降りると酒盛に言い放ちます。

あっけにとられる酒盛。
酒盛から報告を受けてショックを受け涙ぐむ瑞木。
素直になれよー、突っ込みたくなる1シーンですね

こうして、酒盛と小夜子は付き合うようになり、やがて結婚することになるのです。
この小夜子、家事は母親に任せるし、結婚前から付き合っている不倫相手がいたのです。

しかも、偶然にも不倫相手は酒盛の友人:石田です。

酒盛と付き合いだして石田とは別れることになります。
このときの小夜子は、酒盛の前では見せないようなエッチで悪い女の顔をしてますね~

小夜子の裸を見た酒盛に異変が・・・

恋愛指南を降りると突然言われた酒盛、

いったい何を考えているのかわからん・・・
とゲッソリ(ヽ”ω`)

そりゃそーだ、理解できないですよね~

ちょっと恋愛経験のある男なら、こいつ俺のこと♪ってわかるだろうけど、
酒盛ですからね、無理もないww

一方小夜子は酒盛を何度かデートに誘うのですが、忙しいと断られ続ける始末。
しびれを切らした小夜子は行動にでます。

課長と料亭に食事をしに訪れた酒盛。
偶然、小夜子に会います。

このへんが怪しいw

実は課長と酒盛が訪れることをわかっていてその場にいたのでは?

って思わせるんですよね、小夜子は(;・∀・)

そして、転んで花瓶の水をかぶってしまう小夜子。

「服を乾かしたい」

ラブの時間3

という理由で二人はホテルに行くのでした!

やるじゃないか、小夜子!
手っ取り早く既成事実を作って相手をからめとる作戦だな、これは!

まー、普通の男性なら据え膳食わぬは男の恥とばかりに簡単に落ちるんだろうけど
相手は酒盛ですからねー(これ2回目だなww)

小夜子にことわりを入れてロビーに行こうとすると、浴室からバスタオル一枚の小夜子が引き止めに飛び出してきて酒盛に抱きつきます。

「酒盛さんなら、わたし・・・」

そして、お約束のハラリ・・・
上と下を隠して恥ずかしがる表情の小夜子

美人でも派手でもない自分の武器はFカップというギャップ。
それを知っている小夜子は酒盛の前に武器をさらします。

「見ないで、恥ずかしい・・・」

と恥じらう小夜子に予想外の展開が待ち受けていました。

目の前にはゲロゲローと嘔吐している酒盛がいたのでした(/・ω・)/アヒャ

ここで1巻は終わります。

「さぁ、ラブの時間です」1巻の感想

とにかく物語のテンポがいいのと、絵がキレイでかわいいので読んでいて飽きませんね~

大体結末は予想できるのですが、そこに行きつくまでに色んな事があってちょっとイラッとしますが、それはスパイスかもしれません

実際、次はどうなるのかなってどんどん読み進んじゃいますもんw

瑞木も気になるなら付き合っちゃえばいいのに、と思うのですが過去の恋愛で
気持ちがあやふやなうちは絶対動かない!と決めています。
自分のプライドよりも大事に思える人に出会うまでは動かない、と。

でも気になるんですよね、酒盛が。
で、正直になろうとするとすれ違ってしまう二人。

2巻では酒盛と小夜子は結婚してしまうので、ますますどうなるのかな?って思わせます。

酒盛は酒盛で瑞木のことが好きなことは体に現れているのにそれがわからないんですねー

恋愛未経験に加え合理的な物の考えでプライドが高い男ってとこんな感じなんですかねww
こうやって字にすると酒盛ってすっごくイヤなヤツですが、マンガではそんな風には見えませんよ♪

むしろカワイイって思わせます
特に、酒盛が童貞を喪失する5話なんかカワイイですw
そこが作者のキャラクターの描き方のうまさなのかな、って思いますね(*´ω`*)

1巻では5話と9話で2回エッチします。
5話の「動物バンザイ」のガッツイたエッチもいいんですが9話のエッチはそこに至るまでの過程が胸キュンです

読むんならここだけでもいいかも( ´∀` )

さて、2巻ですが酒盛と小夜子は結婚して新婚生活を送りますがああいう性格なのでうまくいきません。

そして小夜子の悪女ぶりも堪能できますよ~

いかがでしたか?
「さぁ、ラブの時間です!」

1話が結構ボリュームあるのでお得感がありますよん(*´ω`*)

マンガで読みたいって人はこちらからどうぞ♪↓↓↓↓
キーワードにタイトル名を入力して検索してくださいね~
スマホの方はこちら
「さぁ、ラブの時間です!」を立ち読みする
パソコンの方はこちら
「さぁ、ラブの時間です!」を立ち読みする

スポンサードリンク

-おすすめマンガ

執筆者:

おすすめ記事

★おすすめ記事★