おすすめマンガ

無料で読むはぴまり~Happy Marriage!?~のネタバレと感想

投稿日:2016年7月29日 更新日:

円城寺マキの作品「はぴまり~Happy Marriage!?~」ですが、久々に読み応えのある漫画でした♪
スマホで無料立ち読みできるのでチラ見してたら、あっという間に全部読んでしまうことにw
それくらい、テンポがよくて続きがどうなるのか気になる作品です。
ネタバレありなので、ご注意です(*´ω`*)

スポンサードリンク

はぴまり~Happy Marriage!?~1巻のネタバレ

はぴまり13

ネタバレが含まれますので先に「はぴまり」がどんな話か読んでみたい人はこちらをどうぞ↓↓↓↓↓
キーワードに「はぴまり」と入力してくださいね!

スマホの方はこちら(今なら3巻まるごと試し読みできます!)
「はぴまり」を立ち読みする

パソコンの方はこちら
「はぴまり」を立ち読みする

 

出会いから結婚まで

彼氏いない歴22年の主人公小鳥遊(たかなし)千和は、父親の借金のために夜は副業でホステスをしている。
そんな環境なので、彼氏をつくる気にならない状態。

その千和が勤務する会社の社長、間宮北斗とお金のために結婚することに
年老いた会長が千和の祖母に恩返しをしたい、と千和の父親の借金を肩代わりする条件が北斗との結婚だったのです。

北斗がすごーくイケメンなんです!!
そして、ちょっと冷たくて強引

社長でお金持ちで、イケメンで強引で男らしいときたらもう大抵の女子はメロメロなのですが、千和はそうはいきません。

「こんな理不尽な話はない!結婚は好きな人と」

という千和に北斗は言い放ちます。

「俺だって理不尽だが、自分には譲れないものがある。
おなじように譲れないものがあるおまえとならパートナーとして組んでいけそうだ」

北斗の譲れないものというものが後々ストーリーのポイントとなっていくのですが・・・。

そして2人は結婚することに。

最近こういった契約結婚のようなストーリーって多いですよね~
でも、次第にお互いがひかれてあっていく過程が面白いし、読んでいて楽しい!!

このシチューエーションは好きですね~

萌えますww

スポンサードリンク

はぴまりの1巻が無料ですべて読めるのはまんが王国!
↓↓↓
スマホの方はこちら(今なら3巻まるごと試し読みできます!)
「はぴまり」を立ち読みする

パソコンの方はこちら
「はぴまり」を立ち読みする

 

次第に北斗に惹かれていく千和

1巻は千和の心が次第に北斗に惹かれていくさまが描かれています。

・初めての出会いで北斗に水割りをぶっかけた千和
父親の借金の返済のためホステスをしているバイト先に現れた北斗。
千和は指名してきた北斗が自分の会社の社長とは気が付きません。

こんな仕事辞めろ、と言われそのバカにしたものの言い方にブチ切れする千和。
水割りをぶっかけて「2度と来るな!」と怒鳴りますが、それが原因でバイトをクビになります。

・お金のために結婚することになる千和
翌日、社長室に呼ばれた千和。
昨日の客が社長の間宮北斗と気が付き青ざめます。

会長もあらわれ、千和の祖母に世話になった恩返しに借金を肩代わりする条件として、孫である北斗と結婚してくれと言われます。

北斗は間宮コーポレーションを任せてほしいがために、祖父である会長の言いなりでした。

千和は悩みますが、いつ終わるかわからない父親の借金の返済を考えこの結婚で損をしないと思い理不尽だと感じながらも北斗との結婚を承諾します。

・たった1日の同居生活
籍を入れるだけと思っていた千和、その日から北斗のマンションで同居しますがあまりにも汚く足の踏み場もないほどに散らかっているさまに愕然とし、キレイにします。

そんな千和に感謝する北斗。
初めて男性に感謝された千和は感動します。

ところが、風呂上がりに北斗の前で転んだことがきっかけで体の相性を確かめようと近づく北斗。

22年間彼氏がいない北斗にしてみれば、そんな風に言われたことがショックで翌朝離婚届を置いてマンションを出てしまいます。

北斗は離婚届けを・・・

会社に出勤すると北斗に呼ばれる千和。

たとえ、愛がなくても千和に操をたてるつもりだったが、千和にその気がないなら仕方ない、と言って離婚を承諾する北斗

じきに会社も辞めるのでもう会うこともないだろう、と。

久々に実家に帰った千和は危なそうな人たちが荷物を運んでいる光景に出くわします。

話を聞くとどうやら父はヤクザに融資をしてもらい事業を立ち上げるらしい。
借金の担保は実家の家と土地でした!

祖母が愛した庭を手放したくなくてホステスのバイトまでしてきた千和

ヤクザは土地を担保に入れないのならその代わりに風俗に行けという、
絶対絶命のところに北斗が現れる!

離婚届の記入漏れで役所に提出できなかったと北斗は千和の実家を訪れたのでした。
絶妙のタイミングで現れた北斗に助けを求める千和。

北斗は離婚届を破り二人はもとのサヤに収まることになります(*´ω`*)

帰りの車の中で、北斗は千和には男性経験がないことを知り怒って家を出た理由を理解したのでした。

・美人の社長秘書にヤキモチをやく千和
会社では二人が結婚したことを絶対に言うなと北斗に口止めされます。

理由は

北斗は経済誌でイケメン独身社長という取り上げられ方が会社のイメージに大きくかかわっているため、結婚がばれたら株価が下がると心配している。(そんなことあるかいww)

そのためバレたら千和をクビにすると脅す北斗。
そんな北斗に殺意さえ覚える千和ww

ヤクザから助けてくれた北斗をカッコイイと思った千和だったが、自分のことをかなりバカにしていると思います。

そして、結婚したことは間違いだったと思う千和

そこに、美しい社長秘書の相馬妙子が登場します。
この相馬妙子が面白いキャラなんですよね~(*´ω`*)

何かというと千和の前に姿を現す相馬妙子。
結婚のことをバラしてないか監視していたのでした。

千和は、北斗と並ぶとお似合いの美しい相馬妙子にヤキモチを焼いてしまいます。
ところが相馬妙子は実はヤキモチをやくような相手ではないんですね~。

なぜなら相馬妙子は実は・・・

 

・初めてのキスは暗闇で
資料保管庫で残業をしていると北斗が現れます。
ここで扉に鍵がかかり電気も消されるというハプニングが。

暗所恐怖症の千和はパニックになりますが、北斗に抱きしめられて落ち着きます。

近づく二人、初めてのキス。
はぴまり12

「お前は覚悟が足りない。今はまだ何もしねえ、でもその時が来たら俺は容赦しねえからな」

携帯の充電が切れたとウソをついた北斗。

「たまには二人きりで過ごす時間も必要と思ってさ いわゆる夫婦の時間てやつ」

そんな風にいう北斗に千和は質問を。

「わかんない。私なんて人前にも出せない仕方なく結婚しただけの女なんじゃないの?」

「それは・・・」と言いかけたところで相馬妙子が現れます。

北斗は妙子に「あなたにヤキモチを焼いているようなので本当のことをおしえてやってくれ」と言うと
妙子は
「ワタシは今年55歳になります」と相馬妙子の衝撃の告白。

そしてさらに「監視を命令したのは会長ではなく社長です」とも。

いい雰囲気だった二人だが、この発言でウソをつかれた千和は怒り出す。
そして二人は険悪なムードになってしまうのでした。

・初めてのラブホテル
二人で買い物に出かけた千和は同僚と出くわしてしまいます。
社長との結婚を内緒にしているため、北斗を連れて逃げ出す千和。

それを察した北斗が逃げ込む先に選んだのはラブホテルでした。

「その時がくるまで何もしない」と言った通り北斗は何もしません。
二人はゲームやカラオケをして楽しい時を過ごします。

些細なことで腹を立てた千和は部屋を飛び出します。
追いかけてきた北斗に

「私と結婚して一度も後悔したことないの?」
と聞くと
「・・・ないね」

妻としてもっと北斗のことを知ろうと、千和は北斗とメアドを交換します。
その夜届いた何気ない北斗のメールにドキドキして眠れなくなる千和なのでしたw

ちゃんとしたキス 千和の中の女が目覚める

はぴまり1
高校の同級生が結婚式に出席する千和は、自分を二股かけてふった元カレとその彼女に負けたくない!とダイエットに励みます。

結婚式当日、北斗は出張中でかわいくドレスアップした姿を見せられなくてちょっとがっかり。

長野県の結婚式場には自分をフッた元彼とその彼女も来ていました。

ところが彼女はすでに別の人と結婚して子供がおり、昔の面影はすっかりなくなっています。
それでも、幸せそうにほほ笑む彼女に自分がしてきたことがむなしく感じる千和。

元カレはかわいくドレスアップした千和に俺と付き合わないかと誘いかけます。
そこに用事が早く済んだから、と北斗が現れます。

結婚していることを自ら話す北斗に驚く千和。

そして、帰りの車中、同級生に会うために自分がやってきたことがむなしい事だったと落ち込む千和を慰めるためにキスをする北斗に千和は言います。

「どうせするならちゃんとして欲しい」

本気のキスをする北斗

すっかり気持ちよくなってしまいなすがままの千和。

「少しずつでいいから俺を受け入れていけよ」

「・・・受け入れている、受けているじゃない・・・」

荒い息遣いをしながら言う千和。

キス止まりだったことを残念がり、最後までいってもよかったと思った自分に驚く千和。
資料保管庫で言っていた北斗の言葉を思い出します。

「資料保管室で言っていた、その時ってどんな時?」の問いに北斗は

「お前が女になりたくなった時」

と返しますが、その意味がわからない千和は
「私のこと今までなんだと思っていたの?」とわめきます。

さっきキスした時に目覚めたかと思ったけど気のせいだったな、と思う北斗でした。

はぴまり1巻の感想

1巻はこんな感じで徐々に二人の距離が縮まるのですが、エピソードが面白すぎます(*´ω`*)

テンポが良くて読んでいるとグイグイひきこまれてしまい、
次がどうなるのか気になってどんどん読み進めてしまいました♪

登場人物も

北斗と千和と相馬妙子に絞られていてわかりやすいし、
それぞれの個性がよくわかって読みやすいです。

なんといっても

間宮北斗のSっぽいところがイイ!

こんなこと言われたら腰くだけだわw
っていうセリフが満載ですよ~♪

はぴまりの1巻が無料で読めるのはまんが王国!
↓↓↓
スマホの方はこちら(今なら3巻まるごと試し読みできます!)
「はぴまり」を立ち読みする

パソコンの方はこちら
「はぴまり」を立ち読みする

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪

スポンサードリンク

-おすすめマンガ

執筆者:

おすすめ記事

★おすすめ記事★